FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿をやっています。
http://prasanti.web.fc2.com

※ブログ内の記事の無断転載・コピーを固くお断りさせて頂きます。引用される場合は必ずお知らせください※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

インドネシアはラマダン開始。我が家にも救援物資が届きました。

本日、2020年4月24日。
インドネシア(のムスリム)は本日から、ラマダンに入る。
そして、インドネシアはとうとう、国内外への飛行機の運行を禁止した。※先ほど、国際線は運行させる、と変更があったようだ。混乱しております、インドネシア。
ラマダンに伴う、人々の田舎への帰省を制限する目的だ。
実質、国外出入が出来なくなった。

先月18日から外出自粛を始めて一か月以上。
一か月、経ったなぁ。

買い物だけする一時的な外出と、二日にいっぺんくらいの、田んぼへの散歩、そしてきっちり三食、間食、家事、お供え物。その繰り返し。
ほぼ一日中携帯でネット使用、目に悪いと思いつつ、夜中もYouTubeで映画見たり、読書もしたり。

 このcovid19禍の中で、我が家6人家族の、生活が変わってしまったのは、学校がずっと休校となっている高1中1の子供たちと、私。
子供たちの生活の大半を占めている学校が無い、となると、生活のリズムは大きく変わる。オンラインで宿題や課題の提出、試験をやっているから、勉強量は普段と変わらずだが、全く外に出なくなったので、圧倒的な運動不足である。

私はというと、子供の送り迎えがなくなり、お客様も来なくなったので、時間が増え、一生のうちで初めてくらいの勢いで、家事に料理に励んでいる。

しかし、この緊急事態中、全く生活の変わらない人たちがいる。
 
それは、うちの旦那と舅と姑である。

舅姑ともに、身体の調子が悪いので、家から出ることが無くなって久しい。買い物にも出られない状態が長いので、今もそのままの生活。

旦那は、お家大好き+出不精な男だ。一日中庭のジャングルのどこかに居る。草木の手入れをするのが一番、の人なので、これも生活はほとんど変わっていない。

だから、この3人は、コロナによる、この世界的な緊急事態によるStay at Homeに、殆どストレスを感じていない様だ。これは、なんだかすごいことだなあと思う。

一連の自粛措置、セミ・ロックダウン状況のバリ島では、各行政集落が、村人への救援物資などを配り始めた。
我が家にも、村から布マスクが、村の銀行からお米、油、卵が世帯ごとに給付された。有難い事である。

94628827_252029646168080_7199286733458898944_n.jpg   95205692_554937095036749_9045999989293056_n.jpg

布マスクは6人家族に三枚、と、アベノマスクみたいな配り方だったけど(笑)でも、外出しない舅姑には十分。またバンジャールから別途で食料品の支給が有るようです。これで飢え死には免れます。

経済的なことだけが心配と言えばもちろん心配なのだが、まあ、今のところはまだ大丈夫なので、この、ゆっくりとした、穏やかと言ってもいい規則的な日常が一体いつまで続くのだろうかと思いつつ、明日はどこを徹底的に掃除しようかと考えている。

日本の家族や友人に、当分は会えない、と確定してしまうと悲しいのだが、今はとにかく無事に生き延びて、対面で笑いあえる日を念頭に、日々の生活を送ることとしよう。



スポンサーサイト



ZOOMでのオンライン・クラスに参加してみてる4月前半。

4月13日。
曜日感覚もなくなってきそうだけど、月曜日ですね。
かろうじて子供たちの学校のオンライン・クラスがあることで、ああ、月曜日なのね、と。

外出自粛の生活も3週間。
毎日、時間が有るのできっちり自炊をし、家事をし、そして今まで手をつけれなかった部分の大掃除を、順番にやっています。みんな似たような感じかな。あ、オフィスに行かねばならないお仕事をしている人は大変だろうなあとお察しいたします・・・。ここ二十年近く、自宅職場なので、通勤から解放されていて、「通勤」がどれだけストレスだったか噛みしめています。

残りの時間は、サンスクリット語の祈りのシュローカのオンライン・クラスを視聴して、勉強したり。
息子の練習につきあって、ピアノを弾いてみたり。

圧倒的に運動不足で食べるだけなので、毎夕、近所の田んぼに散歩に行って、楽しみにしていてくれる人も居るので、SNSに上げたり。

バリ島の感染拡大状況は、「じわじわと」といった感じです。毎日、すこしずつ感染者が増えていきますが、死亡者は初期のころの二名(二名とも外国人)だけ。
ただ、住んでいる地域の近くでも感染者が出始めています。

道路や敷地の入り口に消毒液をまいたりしてますが、やはりここは人の移動の制限と、各人の手洗いの励行にかかっていると言えるでしょう。

おそらく日本よりは、人の移動は少ないです。一番の産業である観光業が今はCLOSE,STOP状態なので、宿泊業も飲食業も、閉めているところが多く、通勤、登校者数が圧倒的に減りました。
バリ島の経済状態は、今、機能停止寸前。
日々の生活にかかわる部分ではまだ営業していますが、今後、一体どうなっていくのか、予測がつきません。農業従事者が多いであろうと思われていますが、それはもはや過去の話で、今や自給自足率はかなり低いのです。

しかし、日は沈んではまた昇り、自然の営みは止まることなく、私たちの生活も止まることなく時を刻んでいます。

各自の好きなことに没頭できる、貴重な時間を得たという側面もあり、今のところはまだ平穏に日々は過ぎています。

そんな中で、今日は私は、明日のカジャン・クリウォンに備えて、お供え物の準備をしました。

93312735_1132737280403183_1541323686471008256_n.jpg

カジャン・クリウォンの日には、各祠に供えるお供え物の他に、地面に供える、「スゴハン」※画像と呼ばれるお供え物も準備します。

姑が段々と体が弱ってきて、こういう準備にも体力がもたなくなってきました。
この先、私たちが後を継いでいかねばならないので、出来るだけ色々教わっておかなければ・・・。

 生まれた時からのこういう、バリ人のような信仰を持たない私にとって、延々と続く宗教行事とそれに纏わる準備は、時に苦痛でした。
それは、「自分が何をやっているのか分からない」つまり、自分が何に対して祈っているのか分からない、という、そのことへの苛立ちからくるものでした。

その苦痛から逃れたい一心で、「根本的な事」を学びたいと思うようになり、そして、巡り巡って、サンスクリット語でヴェーダを学ぶ、という機会を得ました。
そのことは、本当に幸運なことだと思っています。

先日、Medah Michika先生のオンライン・クラスで、「bhaja govindam」というシュローカを勉強しました。これは、音も韻を踏んでいるようで、謡って(唱えて)いても楽しかった。内容も、とてもいいのですが、私はその内容を説明できる立場ではないので、ぜひ、ちゃんとヴェーダ―ンタの先生に習われたらいいと思います。
人の一生(人生)の真理を流れるように説いた美しいシュローカ集です。
オンライン・クラスの途中で、突然涙が出てきた一節がありました。音声も映像もオフにしていてよかった(;'∀')
最近、こういうことよくあります。お供え物終わって、家寺でお祈りしてる最中とか。
うまく文章にできないので書かないけど、何かちょっと糸口が見つかりかけた、とか、再確認した、とか、そういう時に涙が出て来るようです。
これも、お祈りに対する姿勢が変わってきたからだと思っています。

「祈り」とは自由意思を使ってする行為であるがゆえに、必ず結果を生む。-「祈りの理論&サンスクリット語の祈りのことば Medah Michika著」-

行為とは行動。行動した後には必ずなんらかの結果が生まれる。
悪い結果を起こそうとして行動する人は居ないのに、行動する前によく考えて識別しないから、変な結果を引き起こしてしまう。
そのあたりのこと、そのあたりの混乱が、ちょっとずつちょっとずつ、解れてき始めた気がしてるので、この長引きそうな隠遁生活中に、もっと掘り下げようと思います。

お供え物と食事の事。

92294006_179530093020840_3337057346948956160_n (1)

 今日(2020年4月7日)は、バリのカレンダーでは満月で、日本のカレンダーよりは一日早いけれど、バリ島では満月のお供え物が捧げられました。

 「お供え物」って、何だと思いますか?

 それは、「神様へのおもてなし」です。
神様にお越しいただいて、迎える私たちは精いっぱいの持てるもので、お迎えしおもてなしをするのです。「最高の客人」、それが神様です。
 そして、ひと時の神様との交わりのあと、その「お下がり」を我々が頂くのです。
 だから、お供え物の中身は、主食、メイン、デザート、をそれぞれ調理したものです。それにお花などデコレーションをつけ、美しく盛りつけたものが、「神の座」である祠に供えられます。そのまま人間が食べられるものばかりです。

 お供え物を準備するときは、手や顔を洗うのみならず沐浴して身を清めてから、それぞれの素材を調達します。使われるものは全て「新品」のものでないといけません。「新品=まだ供えられていない、お下がりでない状態」のことです。
 素材を分けるのにカットする時に、手で千切ったりせずに専用のナイフを使います。もちろん準備中に余ったものを食べたり(味見したり)しません。
 
 そうやって準備したお供え物を、猫やネズミが狙ってかっぱらったりするのを、バリ人は神経質に阻止しようとします。もし、お供えする前に誰かが(害獣、害虫が)食べてしまったら、やり直し、準備しなおしです。

 そうやって入念に準備したお供え物を、お線香とお花と聖水でお供えした後は、全部下げて回って、それから、人間がお下がりとして頂きます。

 以上を、ルーティーンとして、毎日、バリ人的生活を送っているのです。

 サンスクリット語を学び始めてから、インドでの食文化、食生活のことを学ぶ機会があり、その時に、「料理をする人は、途中で味見などしてはいけない」というのを聞いて、びっくりしたんです。「え、味見しちゃいけないの??」って。

 私はあまり料理が得意でないこともあって、人に出す料理を作る時は、必ず味見していました。もちろん鍋からそのままではなく、少しよそって小皿から、ですけど、それは当たり前にやっていました。
 それがいけないとな??

 なぜいけないのか、その理由とは、以下↓


 そうだ。
 食事っていうのは、「自分に対する、家族に対する、訪問者に対する、お供え物ってことなんだ。」と、はっと気づかされました。
 日常、ルーティーンでやっているお供え物と同じ姿勢で、日々の食事に対峙する。
私が味見してしまったものは、私からのお下がり、になってしまうのだから、それを人にお出しするわけにはいかない。そうか。

 私がMedah Michika 先生にサンスクリット語を学び始めてから、気づいたことは本当に沢山あります。バリで、バリ・ヒンドゥー教徒として生きていく上の葛藤の中で、助けになる気づきを、沢山たくさん与えて頂きました。

 食事、料理、お供え物。日々の生活がヒンドゥー教徒としてのダルマに沿った生き方で、それがそのまま自分と自分の人生、そしてもちろん神様へのプージャとなる。

 20年近くバリでどっぷりバリ人生活に漬かっていたはずなのに、私はまったく、バリ・ヒンドゥー教徒としての彼らの生活を、分かっていなかったのです。
「やらなあかんからやってる」という生活からそろそろ抜けたい、と思っていた時に、「正しく理解」出来るように、そして、その知識を惜しみなく与えてくれる師と巡り会えたことは、本当に幸運でした。

 もちろん、バリのヒンドゥー教徒と、インドのヒンドゥー教徒は、違いもたくさんあると思います。私はインドのことは知らないので、どこがどう違うのか、良くは分かりません。そして、バリで生活していく中、ヴェーダを勉強していく中で、解決していない問題もいっぱいあります。

 その一つが、バリ・ヒンドゥーでは動物供儀が行われているという事、そして「お下がり」には動物性のものが入っているという事、です。うちの家庭では、旦那だけがベジタリアンで、他の家族は私も含めてノン・べジです。日常、お供え物を準備する時には動物性のものを調理します。

 バリ・ヒンドゥー教の「お供え物」は、「自分の一番大切にしているものを犠牲にして捧げる」という側面があります。自分の時間や労力や財産を犠牲にして村の宗教行事に捧げる、というのもそうです。それを究極にシンボライズした「てしおにかけて育てた大切な家畜を捧げる」という形になったのが、動物供儀でしょうか。
 これについてはいまだ答えが出ませんし、別のトピックかとも思うのでまた別稿で。

 ただ、アハンaham=アンナㇺannam、私は食べ物、というこの課題の重要性、この課題の意味は、これから一生かけて向き合っていく課題なのだなと思っています。









自分の事だけ考えるのはもう終わり。

4月3日金曜日。

昨日、今日と、一歩も家から出ていない。買い物もせず。
ネットバンキングで各種支払いも出来るし、今のところ食料もあるし、あと三日くらいは買い物せずとも大丈夫かな・・・

病気で寝込んでいる時はもっと長く、一歩も部屋から出ずに過ごした。
最長一か月、一歩も出なかったことがある。
一回目のデング熱の、退院後だ。

いや、その前、息子を妊娠中、早期破水で二か月以上、絶対安静で寝たきりだった。
バリ島に住みだしてからは結構こういうことがあったな。


日本では、少々熱が有っても、体調が悪くても、昼休憩に点滴受けながら仕事に行っていた。
「体調不良」は休む理由にはならなかったし、理由になるとも思ってなかった。
しんどかった。
もちろん、辛かったんだよなー、あの時は。と、今にして思う。

でも、あの時はそれに慣らされていたというか、麻痺していた。

一つ言うと、「仕事だけしていればよかった」というのもある。
全ての不調と不整合は「仕事だから」の一言で終わり。日常の生活がちゃんとできないのも、「仕事だから」仕方がない。

しかし、今は違う。「日常の生活をちゃんとしないといけない」のだ。

決まった時間に起きて、身と場を清めて、お供え物してお祈りして。ご飯の用意してちゃんと食べて、家族のケアをして、ちゃんと寝ること。

場を清めるの中には、家の修繕や敷地の植物の世話、家族のケアには家畜の世話、ちゃんと食べることの中には、食べるものを育てることや収穫すること、も含まれる。

ちゃんと生活しようと思ったら、結構時間がかかる。それ以外の「仕事」をしている時間なんて、ほんのちょっとしかない。

日本の、近代経済主義社会では「ちゃんと生活する」ためには現金収入が必要で、そのために「賃仕事」をしなくてはならず、そっちのほうに時間がとられ、いつの間にか「仕事」だけの日々、「仕事」だけの人生になってしまっていた。

そんなことを、バリに通いだしてから気づき、バリに生活の場を移してから、実感するようになった。

なのに、時間が経ち、インドネシアの経済成長とともに、バリ島にもバブルが到来、泡を追っかけてるうちに、いつの間にか「仕事」を追っかけ始める生活に戻ってしまっていた。

今回のコロナ・パンデミックは、全てをいったんストップし、また「日常の生活をちゃんとする」日々に向き合うことを、私に強いてきた。

なので、毎日の生活をちゃんとすることを心掛けている。

毎日、家族と一緒に、家族の様子を見ながら、その日やるべき「生活」をする。
退屈してる暇は全然ない。
あっという間に夜が来る。

考えたら、家族と過ごすより、他人と過ごす時間の方が多かった私の生活。
だから、今は家族とずっと一緒に過ごす時間が、全く飽きないし、苦でない。
家族と過ごすことは楽しいんだ、と、半世紀生きてやっと実感している。

「感染するかもしれない、感染させてしまうかもしれない」という不安さえなければ、特に苦痛ではない今のおこもり生活である。

人間、慣れれば、どんな環境にも慣れてしまうものであるが、どのような環境が、自分と、自分の周りの人々「家族」にとって一番よいか、という事を第一に、ちゃんと自分の頭と体で考えて、選んでいかねばと思う。



自粛措置延長の、3月末日のバリ島。

今日で、激動の3月が終わる。
なんという3月だったことか。

子供たちは二人とも3月生まれなのだが、今年ほど何もしてやれなかったお誕生日は無かった。

バリ島は外出自粛措置の延長。
いつまでかははっきりしないが、学校は5月末まで休校ではないかという話。
とりあえず自粛措置は4月末くらいまで、ということで、いよいよ閉めるレストランやお店が増えた。ローカルのワルン(よろず商店)は開けているとこも多い。コンビニとスーパーは開いているが、営業時間短縮だそうだ。
パサール(市場)も、大幅営業時間短縮。

昨日、夜8時前くらいに、ちょっとだけバイクでセントラル・ウブドまで行った。
道中の道が暗く、怖い位であった。交通量も恐ろしく少なく、それ故に走っているバイクはみんな猛スピード。お店もレストランも、殆ど閉まっている。観光客の姿も、一桁。

異様な観光地の姿だった。
ローカルの人々の姿が少ないのが、事の異常さを語っている。

しかし、昨日は、「デング熱対策」のための、蚊の駆除剤散布、という一大イベントが村で行われた。みんなすることが無かったので、ここぞとばかりの大騒ぎであった。
フォギングの機械、バズーカみたいな噴霧器の後を、マスクをした子供たちがついて回る。吸い込んだら身体に悪いと思うのだが、煙と追っかけっこするかのごとく、走り回る。
各家々をくまなく回ったので、久しぶりに賑やかであった。

そう、今、バリ島ではデング熱も大流行なのである。

私、次罹ったらもぅ、絶対やばいやつ。

コロナとデング熱の初期症状の区別がついてないんじゃないか、と思われるフシもあって、今後のますますの混乱が予想される・・・

明けて今日、学校の休校延長が決定し、子供らはオンラインで授業。
そして、今日は初めて、ピアノのレッスンをオンラインで。

いや~。
凄い時代だなあ。
家に居てもこうやっていろいろ出来る。

でも、でも。

やっぱり実際に出かけて、人と会って、お喋りしたり、五感で、全身で、味わったり楽しんだり感じたり、したいなあ。

いつかきっとその日が戻ることを信じて、今は Stay at Homeです。

とはいっても、細々とした買い物をしに、出かけてしまう私。
娘は怖がって外出したがらない。息抜きしたくないのか?と思うのだが・・・

だが。
今日はビンタンスーパーに行った。相変わらずほとんど欧米人が買い物してるのだが、みんなが触った後の商品・・・レジ・・・・そして雨宿りでの彼らの距離の近さ・・・マスク率低いよね彼ら・・・そんでタバコ吸ったり大声で話したり・・・という状況を見て、ビンタンスーパーに来たことを激しく後悔した。

レストランも観光地も、どこも開いてないのに、ここに滞在していて楽しいのだろうか。外出自粛措置が続いている事は知っているであろうに。子連れも結構居るのだが、なぜ帰らないのだろうかと素朴な疑問が湧く。

そして、さきほど、インドネシアは外国人の入国とトランジットを全面禁止にした。オーストラリアは自国民に対して帰国勧告を出した。

さて。

これからどうなる。



| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE