FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿を始めました。
http://prasanti.web.fc2.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

穴場ミュージアム Masks and Puppets

 先日、日本の「滞空時間」→クリックhere ←という、日本の「ガムラン・インストゥルメンツ・バンド」と、バリ島のガムラン奏者、そして創作舞踊のライブを見に、マス村の、「トペン&ワヤン・ミュージアム」という所に行って参りました。

 このライブは素晴らしいもので、バリ在住の仲間達と、このライブを見れた事を本当に心から良かった、と思っています。また是非、次の機会を切望しております。

 その会場となった場所へは、その時初めて行ったのですが、この「Kasks and Puppets museum」正式には
「Setia Darma House of Masks and Puppets」と言います。

 ライブの時は夕方始まりだったので、ミュージアムには行けずじまいで、一度行ってみたいなあ、と思っておりました。
 で、念願かなって行って参りました。

場所は、
Jl.Tegal Bingin Br.Tengkulat Tengah Desa Kemenuh,Sukawati
tel:0361-977404

マスの大通り沿い、パサール・マスの手前に、Sakaを前方に見て左折する道が有ります。そこに看板が出ていますので、そこを左折後は道なり、交差点はとにかく左に。
結構遠いですが、有ります(笑)。頑張って探しましょう(笑)。

辺鄙な場所にあるのに、すごく立派な施設なのです。

敷地が非常に広い!
私の英語力が正しければ、100アールのバリ風ガーデンの敷地の中に、4棟のジョグロ(中部、東部ジャワのジャワ・スタイルのアンティークの建物)が有り、そこが展示会場となっています。
美しい庭と、オープン・ステージも有ります。


P1010071.jpg

これが、「ジョグロ」。バリでも人気の建築物です。

P1010044.jpg

バリの「バロン・ランドン」。
私は多分、反対側から入ったようです。この棟には、インドネシア各地のバロン(獅子)が大集合。
お馴染バリのものでも、一度もお目にかかった事が無い、象のバロン、なんてのも有り、びっくり。
バリ以外の島のものは、なんともプリミティブで愛らしい、けど、ちょっとゾクッとくる。
一番奥には、子供たち大好きの、中国獅子舞の「バロン・サイ」が一式有りました。

P1010043.jpg

さて、次の棟はお馴染、バリのマスクとワヤン・クリッの殿堂となっておりました。↓↓↓

P1010048.jpg

P1010049.jpg

手前のスペースには、バリを代表するマスク、バロン、ランダの面、そしてラーマーヤナ物語の仮面舞踊劇に使われるマスクがびっしりと展示されています。

P1010054.jpg

美しいシータ姫。

P1010055.jpg

ラーマ王子。


P1010058.jpg

真中の部屋には、バリの仮面舞踊劇で、踊り手が実際に被る面の展示。
その中で、これは踊りに使われるものではないだろうと思われる面がふたつ。
そのうちの一つに、目が吸い寄せられて釘づけに。
これ、タイトルは「Dream mimpi」というもの。
なんとも言えない迫力と、同時に静けさを感じます。
もう一つは「Semedi meditation」という、男面でした。

この二つの面だけ、ほかの面と違う作者でした。

P1010063.jpg

これ↑は、「シダ・カルヤ」という面。何故か昔から、この面が好きなのです。何故だろう?

P1010056.jpg

さて、この棟の一番奥の部屋に、膨大なワヤン・クリッが展示されていました。ワヤン好きな主人と息子を連れて来たら、涙を流しそうです(笑)。
バリ人にとっては、この「ワヤン・クリッ」というのは、何かこう、特別なものであるようで、特にオトナン(バリ人の誕生週)がワヤンであるうちの主人は、ことの他、執着があるようです。

人の通過儀礼、寺院の祭礼にも、必ず上演される、バリではなくてはならない「ワヤン・クリッ」
一人のダラン(影絵芝居士)が、何体ものワヤンをあやつり、声色を変え、演じる様はまさに神業。
ここには、様々な物語のワヤン・クリッ・セットが、いくつも保管されていました。

P1010062_20120828001831.jpg


続きをクリック!!

続きを読む »

スポンサーサイト



私の「感じる」場所(エロネタでなく・笑)③、Gunung Kawi グヌン・カウィ

ティルタ・ウンプルなどがある、タンパッシリン。
中でも私が好きな場所、それが「Gunung Kawi グヌン・カウィ」。
11世紀ごろに作られた、石窟で、バリ古代の王家の陵墓とも言われる。

切符売場から、数百段の長い石段をひたすら下って行く。
これ、足腰の弱い人は、非常にきつい。
ライステラスの中を、渓谷に向かってひたすら階段を下りて行くのだから、日差しを遮るものがなく、暑さと石段のハードさで、かなりキツイ。



石段の両側には土産物屋が並び、非常に美しい棚田の風景が見られるので、休み休み行くのが気持ちいい。

石段を下りきった最終地点、遠目に石窟が見えてくる。
かなり上の方からだと小さく見えるのだが・・・

c.jpg

足元に必死になって、降りて行くと、美しく清涼な川に突き当る。この川にかかる橋を渡りきると・・・

j.jpg

思っていたより大きい石窟が眼前に現れる。
高さ7メートルだそうだ。
インドの石窟を見た事が無いので、初めて見たこれには、本当に圧倒された。
一生懸命、汗をふきふき歩いて、そこまでの景色も素晴らしく、そしてその終点がこれ、というのは、中々インパクトがある。

a.jpg

そして、以前行った時は、確か入ってはいけなかった(公開されていなかったと記憶する)、陵墓が作られた後に、仏教僧によって作られた、修行庵(岩壁に彫られた穴)を、見学できるようになっていた。
石窟の隣の寺院から、修行庵に入れるのだが、履物を脱がなければいけない。

ゴア・ガジャの奥の方もそうだが、この修行庵、なんともいえぬものが満ち満ちていて、中々こちらのパワーが必要な場所だと感じた。
結構な数の穴があるのだが、一か所、凄い場所があって、身の毛が総毛立つほどの、なんというか、気を感じた。
怖い、というのではないのだが、一人きりでは無理、みたいな・・・。

h.jpg

画像を載せるのもどうかと思ったのだが、ゴア・ガジャ周辺や、このグヌン・カウィ周辺の岩窟・石窟遺跡、点在する修行庵、やはりある種の霊的なパワーの強い場所なのであろう。
こういう場で長年修行をした僧、というのは、一体どういう人たちだったのだろう、と想像する。

千年の時を経てもまだ強力な霊場。
バリには他にも、知られざるそのような場所が、沢山あるのかもしれない。

私の好きな場所②Jatiluwih ジャティルイ

 さて、前回のタイトルがあまりにわざとらしい(笑)ので、シンプルに、私が昔から好きでよく行っていた場所、そしてお勧めの場所、でご紹介していく事にしました。

 バリ島の、何がすごいかというと、やはり圧倒的な自然、それに尽きると思います。
日本だって、美しい大自然に恵まれた豊かな場所だと思いますが、バリは、このたかだか東京23区くらいの広さの所に、実に様々な、表情をもつ緑が凝縮された場所で、そのことに私たちは、生々しいほどの「生命」を感じるのではないでしょうか。

「ジャティルイ」
ここは、今の主人(いや、昔も今も一人だけですが)に、結婚前、よく連れて行ってもらった場所です。
今から15年前なんて、本当に道が酷くて、車で行くのも大変で、「え~また~運転するの嫌」と言われながらも、大好きな場所だったので、お願しまくって連れて行ってもらったものです。

zr.jpg

今年に入って、本当に10年ぶりくらいに久々、この地に行ったのですが、道がきれいになっていて、観光客が沢山来ているのに驚きました。ぽつんぽつんとレストランも出来ていて、実に快適。
昔は、なんのお店もなく、なぜか乗馬コースになっていて、道端に馬が沢山いたのですよ。
あのお馬さん達は一体どこに行ってしまったのでしょう・・・。

zs_20120819012723.jpg

ここの何がいいのか、ってそれは、「田んぼ」
ひたすら田んぼ。これでもかという位、それは見事な棚田が続くのです。
この圧倒的な眺めは、実際に見てもらうしかない。写真ではお見せできません。
テガラランの棚田のような田んぼが、延々と、それこそ延々とひたすら続きます。

 つい最近、2012年6月・7月のユネスコの第36回世界遺産委員会で、この地区の”スバック=水利機構”が、世界遺産に認定されたのです。
以下、ASEANジャパン・センターからの記事抜粋。

”トリヒタカラナ(Tri Hita Karana)”というバリ・ヒンドゥー教哲学を表現したバリ島伝統の水利システム「スバック(Subak)」によって維持されている、タマン・アユン寺院を含む19,500ヘクタールに及ぶ以下の5つの棚田地域。

・バトゥ-ル湖
・ウルン・ダヌ・バトゥ-ル寺院
・ペクリサン川流域のスバック(棚田)の景観
・バトゥカウ山保護地区スバック(棚田)の景観
・タマン・アユン寺院

「スバック」は水路や柵で寺院に集められた水を分け合う水利システムで9世紀から継承されてきました。中でも18世紀王家の寺院タマン・アユン寺院の景観は、最も大きく構造的にも印象的な景観です。この“スバック/Subak”は“Tri Hita Karana / トリヒタカラナ”というバリ・ヒンドゥー教の哲学的コンセプト、すなわち、神、人、自然の調和をもたらす宇宙観を反映しています。この哲学は2000年以上前にバリとインドの文化的交流の中から生まれ、これによってバリ島の景観が成形されました。スバックの民主的で平等な農耕手法は、人口密度が高いこの地域にあって、インドネシアの中で最も多くの実りをバリの稲作農家の人々にもたらし続けています。
以上、抜粋記事。

この、バトゥカウ山保護地区棚田の景観が、ジャティルイの棚田なのですが、スバックというのは、バリ島全土に広がる、田んぼの農作物の為の水利機構で、我がプラサンティも、バンジャール・プネスタナン・クロッドのスバックに属しております。
田んぼを持つ家の家長は、必ずスバックに属していなければならず、水の管理、田んぼの管理を非常にシステマティックに行っているのです。

いかにして、バリの人々が、この素晴らしい景観を今まで維持してきたか、どのようなシステム、どのような努力でこの「神々の島」を維持してきたのか、これからそういう事にスポットを当てて、観光にも組み込んで行って欲しいと思います。
そうすれば自ずと観光の仕方も変わって行くでしょうし、世界中の人々が、何に惹かれてこの地に留まり、熱狂的にこの島にハマっていったのか、分かるかもしれません。
今、もうバリ島には魅力がない、とお嘆きの長年のリピーターの皆さまも、見方が変わると、又「復縁」するかもしれません(^^)

zt.jpg

この風景の中を、車から降りてじっと風に吹かれるもよし、車でゆっくりドライブするもよし、歩いたり、サイクリングするもよし。

本当に、誰をお連れしても、皆さま息を飲む。この圧倒的な美しい景色が、この先の千年も続いていきますように。

私にとってのスピリチュアル・スポット①

zb.jpg

またしても、お久しぶり過ぎのブログUPです(ーー;)
皆さま、お元気で暑い夏をお過ごしでしょうか?バリ島は7月・8月と、乾期のベストシーズン、日本からは皆さま、避暑に来られておられます。涼しいですよ~
南半球に位置するので、日本とは季節が逆、今が一番涼しいのです。

さて、この夏はわたくしも、お客様に附いて、バリ島巡りをしておりました。
やはり「うつくしま」バリ島。
有名な観光地の中でも、特に私の好きなスポットをご紹介します。

この立派な根っこを持つポホン・ブリンギン(ベンガル菩提樹、日本では、沖縄のガジュマル。インド菩提樹とは異なる)。これは、実はウブド近郊の観光スポットではポピュラーすぎる、「ゴア・ガジャ」の中、洞窟の方ではなく、遺跡の方に下って行く所にあります。

この根っこに会いに、時々訪れたくなります。

大地に根を張る、ふかく、ふかく。
根が深ければ深いほど、木は大きく茂る。

バリ島には、そこかしこに見られる、この聖なる木ですが、もともとは宿り木なんだそうです。元の宿主よりはるかに成長が早く、気根土と接触することによって、幹と枝と根が判然としない、渾然一体となった大木に育って行く。
生命力、そのものの木なんですね。

zc.jpg

幾年の月日を重ねた、遺跡のあと。
深閑とした佇まい、いくら観光客が多かろうと、ここの空気はいつも、しん・・・・・としています。
何時間でも、これを眺めて、自分もこのように苔むしてしまいそうな錯覚に陥ります。

z.jpg

結局、バリ島の魅力は、このような生命力をダイレクトに感じられる、自然、に尽きるのではないでしょうか。
古代、この地に留まり、修業をした人たちが、居る。

分かります。
ここのこの空気。何時間でも、何日でも留まりたくなるんです。
ガイドブックに掲載された、手垢のついた観光地、ではない、奥深くに分け入って、時間をかけて周って欲しい遺跡の一つです。


さて、うまくUPできるか自信が無いのですが~。
私、初めてバリ島に来たのは、確か1990年。今から20年以上前でした。大学生の時でした。
その後、三回生でゼミを取った時の先生、女性でその当時まだ助教授だったかな?
活動的で、旅が好きで、一目で「この先生好き!」と決めたゼミでした。バリ島の話でも盛り上がり、二度目のバリ島で私が長期滞在をした際には、宿から何から、色んな情報を教えて頂き、そして現在に至る、という、私にはバリ島に縁付かせてくれた、張本人、ともいうべき恩師(笑)
その恩師が調査も兼ねて、12年ぶりにバリに来られ、めでたくPRASANTIにご宿泊。
そして、iPhoneで簡単にムービーが編集できるのよ!と、うちのプロモビデオを作成してくれました(笑)
ぜひ、皆様にご覧いただきたく~。
すでにYouTubeにUPされておりますので、見て下さ~い!

ぷらさん亭プロモーションYouTube動画

↑  ↑  ↑
クリック!

続きを読む »

シドゥメンに行く。(再編集)

皆さま、Selamat Hari raya Galungan dan Kuningan!

という訳で、今回のガルンガン(7月6日でした)には、カメラマン・有賀正博氏と奥様がいらしてくださいました。

カメラマン・有賀正博氏とは↓↓
 さて、210日ごとにめぐってくる、このウク歴の祭礼は、日本の盆・暮れ・正月が一度にやって来たようなにぎやかさがあり、「ペンジョール」という竹飾りが家に前に立てられ、バリ人達は新しい正装に身を包み、家寺は晴れの日に備えてきらきらしく飾り立てられます。

毎度のことながら、我が家はバリ人家庭としては、たった二世帯の、小家族、こういった祭礼の際は、人数不足でとっても忙しい。お手伝いちゃんはこの時ばかりは必ず実家に帰してあげないといけませんし、我々は幼子二人をほぼ放ったらかし状態で、家寺、村のお寺、本家のお寺、実家のお寺と忙しく駆け回ります。

でも、この日に参るお寺、各家寺は、格別の祝祭ムードに満ちていて、今までの事柄を省み、そしてこれからの自分達の行いを、よきものに導いて戴けるよう、天界の神々・祖霊神に祈る姿勢にも力が入ります。

しかし、毎回正午ごろにお祈り(待ち)なので、暑い!!!

いつもガルンガン、といえば、日焼けしてしまうのです。

さて、無事にガルンガンも終わり、一週間ご一緒させていただいた有賀様ご夫妻を、「シドゥメン」にお送りする事に。

シドゥメン村は、アグン山の麓、そして美しい田園地帯がどこまでも続く、風光明媚な、有る意味「ザ・バリ」と言える地域で、そこはバリ島の伝統的な織物「ソンケット」の産地でもあります。

そしてそこに、最近とても有名になってしまった、日本人女性「アキコさん」が住んでいます。

私もお名前はよく聞き、在住の友人やお客様も何人か実際にアキコさんに会った人が多い。

そう、アキコさんはシドゥメン村に住む唯一の日本人女性(おそらく)、機を織りながら村でご家族で暮らし、そして!手相を見てくれる方なのです。

その方に会いに行こう!と、私も有賀様ご夫婦に便乗して付いて行きました。

IMG_4892.jpg
IMG_4884.jpg
シドゥメンに向かう途中。このような田園地帯が延々と続く、景色の美しい所です。山道ですので、けっこうクネクネした道を上へ上へと登って行きます。


さて、ウブドを出発するときに、久々の「イブ・オカのバビ・グリン」を食べて行こう、ということになりました。

バビ・グリンはやはりイブ・オカが一番完成度が高い!と私も思っています。やっぱり美味しい。

今回は激混みが予想されるウブドの王宮横の本店ではなく、マス村の方へ。ワタクシ、実はそちらは初めて。本店よりちょっと高い、と聞いていたのですがどんなもんでしょ?

IMG_4873.jpg

はい、立派な門構え、本店とはエライ違いです。

IMG_4872.jpg

げっ!!混んでるぞ。激・混みです。二階もあるので、とっととお二階へ。

IMG_4871.jpg

二階も相当広いです。二階はテーブル・イス席は無く、全てお座敷スタイル。二階も、結構混んでます。やはりお昼時は混みこみでした。
二階の奥の方に、なんだか素敵な東屋が・・・特別席?

IMG_4870.jpg

えええ~~っ!!ここからこんなに田んぼが見晴らせるとはっ!!
日が当って暑そうだったのでこの日はこの席には座りませんでしたが、「なぜ、全席からこの田んぼビューが見えるような造りにしなかったのか!!」と、このあとしばらく大激論でした。

着席してすぐに食べれるもの、と思っていたのですが、「丁度」お肉が無くなったのだとか・・・

ウェイトレスのお姉ちゃんが、何度か「もうちょっと待ってね~お肉がまだ焼けてないの~まだ本店から送って来ないの~」と言いに来て、かれこれ40分・・・食事は10分で終了し、早々にシドゥメンに向けて出発。
(がっついて食べたのでバビグリンの写真は撮り忘れた。お値段は3万ルピアでした。)

さあ、一路、シドゥメン!

シドゥメンは2度目、以前6年ほど前に「パタルキキアン」というところ(宿の名前なのか地名なのか、不明)に行った事があります。

絶景に絶句。

パタルキキアン詳細↓↓

Patal Kikian

この宿には「メガワティ・ルーム」という、過去にメガワティ・前インドネシア大統領が泊まった部屋、というのがあり、ミック・ジャガーの写真やらなんやらが飾られている、由緒ありげな古い宿でしたが、宿自体は結構、突っ込みどころ満載の愉快そうな所でした。

今回はそこではなくポンドック・ウィサタ・クブ・タニ(←クリックすっると宿情報へ)というお宿。

景色の素晴らしい、とっても素敵なこじんまりとした2階建ての宿でした。晴れていれば眼前にアグン山。宿の名前通り、田んぼとよく手入れされた畑に囲まれた、癒しの宿、という趣。

驚いた事に、この近辺には、結構、宿泊施設が有るようで、結構整った施設の様々なランクのホテルが有るようです。

西洋人に人気、というのがよく分かる、素晴らしい自然環境です。

さて、お宿に荷物を置いて、アキコさんのお宅に、便乗してお邪魔させて頂きました。

私は今回手相を見てもらう訳ではなかったのですが、アキコさんに色んなお話を聞かせてもらって、ここに何度もリピートしてアキコさんに会いに来る人が多い、というのが納得できました。

今後、なんらかの問題を抱えてしまった時には、アキコさんを訪ねて来よう!と思いました。

さらに、個人的な事を言えば、同じくバリ人の家庭に嫁に入ったものとして、状況は違えど、色んな苦労があっただろうなあ、という、そういう親近感を私は持ちました。

とにかく、豊かな自然環境の中、そこに調和して、なんというか本当に満ち足りて生活していらっしゃるなあ、と、深く納得した次第。

本来、そうあるべきなんだなあ、と、同じくバリ島に住まわせてもらっている身の自分自身を振り返る、いい機会になりました!

プラサンティのお泊まりのお客様でも「アキコさんに会ってみたい!」と思われる方、一緒にシドゥメンまで会いに行きましょう!

IMG_4875.jpg

アキコさんと旦那さま、そしてここまで私を連れて来て下さったカメラマン・有賀様(笑・しつこいって?)、どうも有難うございました!

アキコさんのブログ↓↓

バリ島田舎暮らし 手織りの布ソンケット





| ホーム |


 BLOG TOP