FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿をやっています。
http://prasanti.web.fc2.com

※ブログ内の記事の無断転載・コピーを固くお断りさせて頂きます。引用される場合は必ずお知らせください※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

NO.2 Nepiの夜、満天の星の下で~瞑想にかえて~

 ニュピの夜。

 天気が良く、満天の星空が見れた。

 午後8時ごろに、一人で家寺の芝生の上に寝っ転がって星空観賞。

 まだみんな起きていて、台所に電気を点けてご飯食べたりしているのだろう、各家庭の団欒の声や、生活の気配が漏れ聞こえてくる。真っ暗だがぽつぽつと遠慮がちに電気を点けているところも多い。

 昔は、ニュピはほんとに真っ暗だった。明かりの漏れも厳しく言われていたような気がする。今は、病人や年寄りが夜中にトイレに行くのに転倒すると怖いので、ニュピでも一つだけ電気を点けていたりするところが増えた。

 オリオン座がほとんど天中に。しばらくすると南へ若干動いているのに気づく。

 星々を見ていると、不思議な気分になる。

 子供のころ、SFアニメーションが花盛りで、私も小説やコミックや映画で、SF物にハマっていた。割と真剣に、宇宙飛行士になりたい、と思っていたような気がする。

 プラネタリウムも大好きで、今思えば、あの吸い込まれるような感じ、上昇していくような心地、恍惚と自己の内部にどこまでも入っていく感じ、というのは、シャバーサナで深く入った時や、滅多にないがメディテーションでスコーンと入った時のような感じだったな。

 しかし、すごい数の星である。無限。

 広大な漆黒の中に、散らばって冷たい光を放っている星々の距離はまたとてつもなく遠く。

 それらを見ていると、唐突に、この宇宙空間の絶対的な孤独というものを感じた。あの宇宙の中にぽんと一人で放り出されたら、どんなに孤独だろう。
 
 死ぬ時というのは、宇宙にぽんと還っていくような感じではないかと想像する。

 現在、1000個ほどその存在が確認されている、ブラックホールにもし生身の体のままで入っていったら。

 ブラックホールの中心部をぐるぐる回っているあたりで、時空のひずみにより、自分の後頭部が自分の目で見えたりするそうだ。
 身体が麺のように細長く伸びていき、最終的には原子・量子レベルに分解してしまう。ブラックホールの中心部、特異点に到達することは出来ない。

 ブラックホール内に吸い込まれている時点では、頭の部分と足の部分は、時間の流れが違うという。巨大な質量を持つブラックホールでは、時間の流れがとてつもなく長くなる。時間も伸びるので、果てしなくゆっくりとブラックホールに落ちていく。

 ブラックホールの外の世界では、何百年、何万年もの時が過ぎているのに、ブラックホール内に居る自分は、ゆっくりゆっくりとブックホールに落ち続ける。ブラックホールの外では死んでいるのに、ブラックホールの中ではまだ存在する。

 死んでいるのに生きている。

 もし、まだ意識を保てていたとしてら、どういう状態であろう。

 まず、壮絶な孤独の中に居ることを認識するのではないだろうか。

 「だから」私たちは生身の、肉体の中に入りに来るのだろう。肉体という時間的制限の中に、五感を持って人生を生きる、というのは、のどから手が出るほどの「望み」ではないのか。
 始まりもなく終わりもない、という時間軸の中にいる者にとっては、「生身の体で一刹那生きる」ことというのは、どんなに肉体的苦痛、精神的苦痛、を伴ったとしても、それを凌駕する、とてつもない快感なのではないか。

 星空を見上げていて、私は悟る。

 この地球上以外に、「生命」があふれている美しい場所は無いと。このように美しくカラフルないのちの星は、数えきれない星々の中でも、地球以外にはないのだ。

 生まれてきて死んでまた生まれる、という、時間の枠の中で起承転結を繰り返す地球上の生物。この完璧な存在はこの惑星以外にはなく、私たちはその軌跡の星に、「人間」として生まれてきた。選んできた、と言ってもいいだろう。

 どのような人生を送り、どのような死に方をするにせよ、私たちは自らここに来て、他でもない自分自身の選択によって日々の生活を営んでいる。

 そのことを自覚せよ。と、私の中に居る何かが促す。

 本当にやるべきことと本当にやりたいこと、それらは最初から一致しているのだから、思い出すだけ、自覚するだけだ。

 なのに、なんと私たちはそれから遠く隔たってしまっているのだろう。いつの間にこんなに隔たってしまうのか。

 星を見ていると、気が付くと薄白くもやがかかったようになって、星が見えない時がある。雲が出てきたのだな、と気づくそばからもう風に流されてまた宙が晴れてくる。

 山もそうだが、星空も、ずっとそこにある。私たち以前から在る。時々曇って見えないが、そこにずっと在り、すぐに雲が切れて姿を現す。

 このことは私たちに、物事の本質に対する姿勢を教えてくれる。本質はずっとそこに在る。雲がかかってるかかかってないかだけである。じっと見ていればクリアにそこに在るのである。「無い」のではなく「見えない」だけである。

 じっと眺めていると、星が段々と動いていく。数十分も経つと、かなりずれている。東から西へ。
実際は、私たちが動いているのである。地球の上に乗っている私たちが、4分に1度ずつ、西から東へ動いているのだ。

 結構な速度で星が傾いていくような気がするが、自分たちが同じ速度で自転しているという自覚は無い。

 この、人間の「自覚のなさ」

 人間以外の動物はきっと、自分が4分に1度の速度で自転する地球の上に乗っている、とは自覚せずに生きているだろう。人間も、そんなことを意識せず毎日暮らしている。

 しかし、人間だけが「地球は自転している」という事実を知識として持てるのである。膨大な知識を持ち、個体としては離れていても、知識を共有しあえる存在は、今のところ地球上に生きている生物では人間だけだ。

 それは一体何のためか。

 全てを「よりよくする」ためだけである。

 他者を貶め、攻撃し、苦しめ、地球を破壊するために、では断じてない。

 地球上の生物の中で3番目に大きな脳化指数を持ち、言語というコミュニケーション能力、共有手段を持つ我々は、他種族の生物からは抜きんでて知性のある種として今現在地球上に存在している。
 
 それを自覚して本来駆使するべきところで駆使しないと、何かに取って代わられるか、地球もろとも破滅してしまうだろう。

 その時は、自分が死んでから後、ではなく、すぐ間近に迫っているかもしれない。



スポンサーサイト



見直しの時。

令和が明けて二か月、今年になってもう半分以上。
あっという間である。
日本の暦で生活していない私であるが、年のせいか月日の経つのが倍々で早くなっている。
光陰矢の如し。

宿を始めてから、実は今年で10周年である。気が付いたら10年だったというのでもなく、一昨年あたりから十周年はどうすっかなあなどと考えていた。

宿を始めた当初は乳飲み子を抱えてばったばたで必死の毎日だった。
今もあんまり変わってないけど、ひとつ大きく変わったのは子供の成長だ。
今年でダブル入学の中1と高1になる。
何をするにも見ていないとだめで、手を貸さないとだめで、放っておけなかったのに、この二か月ほどで突然、本当に急に成長してしまった。
特に娘は、吃驚するくらいに頼りになるようになった。突然(笑)

子供の世話はあるし、我が家は嫁が私一人なので、家の手伝いも色々とある。特にお供え物関係、お寺関係は、人数が多い一般のバリの家庭では分担できることが、私一人でこなさないといけないことが多い。そして宿の仕事。
もちろん一人では無理なので、スタッフを常に二人くらい雇って手伝ってもらっていた。
家の敷地の掃除だけでも大変である。バリの家は広い。
そしてお供え物作りから準備からお供え、お寺参り。
宿はまず一に清掃二に清掃である。これまた部屋を広く作りすぎて大変(笑)
お客様のハンドリング、予約業務、時間のかかるインターネットでの作業諸々。
子供たちは、おっぱいにぶら下がってた頃から、ひたすら学校やら行事やら塾やらの送り迎えの学校生活、その間に数えきれないくらいに熱出したりなんだかんだと病気。
思えば宿が始まった当初はこれらを全部ひとりでやっていた。
当然無理なんだが(笑)若かったんだろうなあ、やっちゃってたもんなあ。
満室が続いて行事が重なって、となるともうストレスMAX、もう無理だ、もう無理だ、というのの積み重ねでここまで来た。

スタッフも今まで何人来たっけなあ。うちのリピーター様には御贔屓にしてもらったコマンちゃん。彼女はほんとに得難いスタッフだったと今でも思う。まあでも、これもこういう縁。子供だった彼女が7年うちで働いて、結婚して子供ができて、今では幸せにやっているだろう。
その後は何人もが入れ代わり立ち代わり。いろんな子がいていろんなことがあった(していった・笑)。
人を使うのは本当に大変。これならしんどくても、最初のように一人でやった方がマシ・・・という思いが湧いてき始め、そうなると以前より体力も気力も落ちているのでお客様をお迎えすること自体を段々セーブするような方向になっていってしまい。そうこうしているうちにアグン山の噴火やら地震やらで、ここ2年ほどであっという間に業績悪化。
ここで踏ん張るのか止めてしまうのか。
ただひとつ、宿を始めたときに一人誓いを立てたことがございまして。
それは、どんなに細々とでも、ずっと「続ける」ということ。
めっちゃ時間たって行ってみたらやってなかった、という事がないようにしたい、と思って、どんな形であれPRASANTIは続けていこう、と。
そういえば初めのころに思ったんだよなあ。

しかし今の経済的状況から考えて、複数のスタッフを抱えるのも無理。よくやってくれる女性一人だけ残して、スタッフを減らした。前のように私がやればいいんだ。娘ももう手がかからないし。
と、落ち込む気分を無理やり鼓舞して、娘にも経済状況などを説明したところ。
俄然娘が張り切りだして、まずウェブ関連の整理。写真があかん!!!と言われ、娘監修のもと新たに客室の写真撮り、あわせて、積年の課題だったウェブサイトの作り替え、そしてインスタグラムのPRASANTIのページを娘が作成。さすがインスタ世代である。ちゃちゃーっと。

これでお客様増えたらいいねーーーー。私の長年の経験では、ウェブでの露出を工夫して更新すると絶対に結果に反映される。

と、張り切っていたら、残したスタッフがお母さんの急な入院で、付き添いのために仕事に来れないという!!!!
まじかーーートゥンパッもあるし、バレバンジャールのオダランも、その準備手伝いも、新月のお供え物とお寺参りもあるし、それよりなにより、やっぱりお客様増えてきて、忙しくなってきたのに・・・がーーーーん。
気力のほうが弱りそうだったが、ここでもまた娘が!「手伝うから!」と頼もしいではないか。
ちょうど、子供たちはダブル入試、入学で、願書提出も終わって休み中だったからよかった。
この際、娘に色々覚えてもらって、宿のハンドリング出来るようになってもらおう。という事で、客室掃除を毎日二人でやっている。
もちろん、お祖母ちゃん・ダドンの手伝いもして、チャナン作りやお供え物準備も。
ああ娘を産んどいてよかった!!!
息子も、この休み中に自転車に乗れるようになり(やっと)、娘に色々こき使われて朝のお供え物くらいはできるようになった(笑)。

いつの間にか、面倒を見る対象だった子供たちが立派に家族のメンバーとして活躍するようになったのである。

物事はかわりゆく。諸行無常。サムサーラ。
こういういい具合に変化することと悪い方向に変化することを繰り返している訳で、いちいちそれに捉われることはない。なるようになるのだから。

ということで、十周年の今年に、ある意味ふさわしい状況のPRASANTIです。

バリで子育て、バイク事情。

2018年の6月11日、もうすっかり乾季に入っていいお天気続き。空気もカラッとしてきたなあ~と思っていた今日この頃なのに。
昨夜から怒涛の雨。
クニンガンも明けて、子供たちは、二週間近くぶりの登校日の今日、朝も雨。雨の中のバイク送迎は大変である。
ほんとに、雨季に戻ったかのような大雨が断続的に降り続く。

 バリで子育てをしていて、日本と違うことの一つに、子供たちの送迎、がある。もともと学校(保育園・幼稚園)の数が少ないのもあり、結構離れた場所まで通園・通学している子が多い。坂道が多く、歩道のない危険な車道しかないので、歩いて登校できるシチュエーションの子供が少ないのもある。なので、子供たちが自分でバイク通学するようになるまで、親が送迎するのがこちらでは標準。
加えて、公共の交通機関が無い(バスや電車がない)ので、なおさら親の送迎必須である。

 車で出ると渋滞で余計時間がかかることもあり、うちも、雨が降ろうと風が吹こうと、殆どバイク送迎である。子供二人を前と後ろに乗せて、3人乗り。
 旅行者のころはバイクの運転もできなかったので、まさか今のようにバイクで3人乗り、時には4人乗りで子供たちを学校に送迎するようになるなんて、思ってもいなかった。

 今でも、怖い。出来れば何の運転もしたくない、と思うくらい、年々、バリ島の交通事情は酷くなっており、事故も多いし、路面事情もひどい所が多い。それは、気候的な問題も有るし、インフラの問題も有る。とにかく、いつも冷や冷やドキドキしながらバイクに乗っている。娘を乗せてて二度、転倒したこともある。息子の時は、坂道で後ろから車に追突されて転けたことも。車にサンダル履きの足を「踏まれた」こともあるし、子供が死亡した悲惨な交通事故を目の当たりにしたことも・・・・・。
 そんでもって、いずれの場合も、誰も解決してくれないし責任も取ってくれない。交通事故は遭っちゃったら遭い損なのである。

 とはいえ、歩いて通学させるのも危険な道のりなので、結局、バイクで送迎をし続けるのである。下の子が中学出るまで、最低14年間・・・( ;∀;)

 バリの子育てには、バイクが必須なのであるが、赤ちゃんをあやす道具としても、バイクはよく使われるアイテムである。昔はまだ、ベビーカーを使っている人は殆どおらず、寝ぐずる赤子をあやす仕事を任されたお父さんたちは、赤子や幼子を抱いて、バイクでゆーっくり走りながら、子供たちを寝かしつけるのだ。片手で赤子を抱き、片手だけでハンドルを握り、ヘルメットも被らず被せず、バイクで走る男ども・・・今でも、見かけるとお尻がもぞもぞするくらい、怖い。
 しかし、うちの子らもそれで育ってきた。そして、また、子供って、バイクで風に当たりながら走ると、嘘みたいにすぐ寝るんである(;'∀')( ;∀;)

34963721_1429502153816768_6627590719089410048_n.jpg 
これくらいの頃は、まだまだ絶賛バイクで居眠りの年頃だ(笑)

 昔は、みんなノーヘルでバイクに乗っていた。ヘルメットを持っていない人のほうが多かった。持ってる人に借りるのが当たり前で、貸したら最後、二度と戻ってこないのも当たり前だった(笑)
今は、メット着用義務を守っていないと罰金だし、みんなちゃんと被っているが、今でも盛装してお寺に行く時は、ヘルメットを被らない。男性はウダンという被り物を被っているし、女性は髪を結いあげていて、被れないことが多いから。

 そんなこんなで、子供たちがもう、バイクの前に収まらないサイズになってきて、後ろに乗せて走っていると、「寝てるんじゃないか」と気になって仕方がないのだ。前に乗せてると、首がガクッとなるのが見えるので、「寝たらあかーん!」と注意できるが、後ろだと見えない。
今、娘、中3、息子、小6になろうとするが、結構な頻度でバイクで居眠りしている気がする。
あまりに子供が静かだと、居眠りして、途中でぽろんと落ちてるんじゃないかと思う。
「寝るなー!寝たら死ぬぞ!」と日本語で喚きながらバイクで走っている母なのである。

記事のカテゴリー整理をしました。

34985149_1428596137240703_3165926389379497984_n.jpg

夕暮れのタナロット寺院です。

2018年は、5月末と12月26日にガルンガンが巡ってきます。
今は一回目のガルンガン、クニンガンが終わり、島中がちょっとほっと一息ついているところです。
今年は、ちょっとブログの更新をマメにしようと思っていたのに、あっという間に半分過ぎてしまいました(;'∀')
手始めに、カテゴリーの整理をしました。未分類を整理し、もうちょっと探しやすいようにしてみました。ゆくゆくはブログとウェブサイトを一緒にして、リニューアル一新しようと思っております!
読み返してみると、いろいろと手探りしながら、バリ島で暮らし、子育てしてきたんだなあ、と、感慨深くなりました(笑)
結婚と同時にこのプネスタナンという集落の主人の家に、舅姑と主人の叔母と暮らし始めて17年になります。二人の子供を授かり、小さな宿を始め、当初は3年に一度くらいしか帰国もできず、すったもんだで子育てしてきた今まででした。
年とともに、環境も状況も考え方も受け止め方も、ずいぶん変わったなあと思います。
バリが大好きだ!という当初の気持ちを忘れてしまうくらい、つらい~つらい~帰りたい~と泣いたことも数知れず。

一昨年から、割と頻繁にうるわしの国日本に帰国するようになりました。
いやあ、離れてみて思うのは、月並みですが日本て素晴らしい。ということです。
移住したいと思うくらい(笑)
しかし、今の私には、やはりもう、日本で暮らしていく、というビジョンが全くしっくり来ず、やはりこの緑豊かなバロンとランダの島バリ島の、ウブドという場所で、骨となり塵となるまで過ごしていくんだなあと、そう思うのです。
ま、そういいつつ、しれっと日本に戻っているかもしれませんが(笑)。

バリ島、という観光島に暮らして日々感じるのは、バリ島観光にも流行り廃りがあり、それは滞在の仕方全般に影響を及ぼし、末端でお客様の滞在をサポートしている我々は、何をどう、提供していけるのか、という事です。
住人、島民として暮らしている私たちが、観光で何かを求めてやってくる人達に、何を提案できるのか。
流行り廃りに乗るもよし、一本貫き通すものがあるのもよし。

PRSANTIの今後を考えたときに、私達家族にとって、この愛らしい小さな楽園を、どのようにお客様に提案していくのか、という事を最近特に考えるようになりました。

まだまだ考え中、模索中ですが・・・

3階を客室に、と思って準備していたのですが、やはりギャザリングスペース的な場所に置いておこうか、と考え直しています。
ちょっと場所かして~、と、気軽にいろいろ使える場所があるといいな。なにか共有しあえることを、それがアンテナに引っかかった人が寄り集まってちょっとしたことをやるスペース、そういう場所の提供を、結局は自分はやりたいのだな、と思うのです。

というわけで、私のアンテナに引っかかった、「ちょっとやってみたいこと」のイベントを、ちょこちょことやっていこうと思っております。

今月中に、ライブをまたやろうという話が出ており。
決まり次第また告知させていただきます。

ブログも、いろんな話題で続けて更新していくつもりですので、よろしくお願いいたします<(_ _)>




バリ今昔~その4~いわゆる、不思議体験③

 夢の話が続きますが、これらの出来事が私の中では、バリ島生活を決定づける大きな出来事だったので、もう少しお付き合いくださいませ。

 流産から二年、バリのこてこての田舎の村社会の中で、「早くお世継ぎを」的なプレッシャーの中、私は(主人は無視かw)、計画的妊娠を目論みました。数うちゃ当たる的にやっていても、疲れるだけ(笑)ここは効率よくいかねば。と、徹底的に体温測定をして、自分の日々の体調をつぶさにグラフにして可視化したのです。その努力のおかげで、めでたく二度目の妊娠。

 今度は流産にならないように、用心して用心して、私は大手を振ってとことん好きなように妊婦生活を送らせてもらいました。バリでは、妊婦さんも臨月まで働くし、重いものやなんか平気で持つし、どっちかというと早産気味でぽこんと赤ちゃんを産み落とします。いや、バリ人でも今の若者は現代っ子ですので、妊婦さんは大事に大事に甘やかされていますが、私が妊娠した当時は、皆さん、普通にガンガン動いていらっしゃいました。バリ人ってほんとに丈夫。と感心したものです。まあ、皆様、ほぼ、20台前半の若いうちに妊娠出産ですから、元気なのでしょうか。

 おもしろいジンクスで、妊娠中に炭酸飲料を飲んだら流産する!と厳しく禁止されていたのを思い出しました(笑)バリの女性は、タバコやアルコール、炭酸飲料などの刺激物(なのかしら?)は、すべて妊娠出産に悪影響を及ぼす!というのが大前提で、絶対に手を出しません。それくらい、結婚・妊娠・出産・跡取り男子出産はバリ人の人生においてデフォルトでマストなのです。

 ともかく、楽しく妊婦ライフを満喫しておりましたが、長めの悪阻期間がようやく終わり、お腹がぐぐ~んとせり出してきた頃に、見た夢。
 それは、赤ちゃんの夢でした。目を固くつぶって、ひたすら眠っている赤ちゃんの顔や姿かたちを、自分があやしながら見ている夢だったのですが、まるでコンパスで描いたような真ん丸の顔と体のその姿がとってもはっきりと印象に残っていたので、覚えている赤ちゃんの絵を描いて(ワタクシ、実は絵が得意)、「こんなん入ってるで(お腹の中に)」と主人に見せたのです。その時は、「そうかそうか~こんな赤ちゃんが出てくるのか」と言っていたのですが、いざ出てきたら、ほんとにその時に絵に描いた通りの真ん丸な赤子が出てきたのでした(笑)これには旦那も大笑いで、その時描いた絵を引っ張り出しては笑っておりました。
 あの時は、本当にリアルに赤ちゃんの映像を夢に見たので(絵に描けるくらい)、「えらいまん丸い赤ちゃんやなあ」というのが印象に残ったのです。

 思えば、自分の身体や、父親の病気など、本当に身近な事象に関してだけこういうはっきりとした夢を見るのです。それもバリでだけ。

 バリでは、圧倒的な自然の中で生活しており、日本で暮らすのとは比べ物にならない位、サバイバルな生活です。そういう中で、自分の身体的な能力が、どんどん呼び覚まされるのか、自分の身に起こること、のなんらかの予知というか、そういう感覚が鋭くなってくる気がします。
 自分の手で食べ物を確保して、とにかく生き延びる、という本能的な部分が、こういう場所に住んで初めて発動されたというか。
 それは、本来、動物である私たちすべてに備わっている能力であったはずが、人間の知恵の産物・便利な道具の力によって、その能力がどんどん退化していっているのではないかと。
 
 ですから、私は、遠く離れて暮らしている父や、娘や息子、自分の危険だけは、きっと夢で察知するんだろうなという妙な確信があるのです(笑)察知してもそれを防げるか、というとそうではないのかもしれませんが・・・

 あれ以来、鮮明に覚えているほどの啓示的な夢は見ていません。
また見ることがあるのか、あれで終わりなのか。
 
 でも、自分の生物としての本能、能力に、もっと敬意を払い、注意深く見て行こう、という気持ちは、あれ以来持ち続けているのです。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE