FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿をやっています。
http://prasanti.web.fc2.com

※ブログ内の記事の無断転載・コピーを固くお断りさせて頂きます。引用される場合は必ずお知らせください※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ヌガラのジェゴグ・チーム「スアール・アグン」満月特別公演・1月26日開催

262620_263108460483619_268740393_n.jpg

 「ジェゴグ」という楽器をご存知でしょうか。
 
バリ島北西部に生える、巨大な竹を楽器として編成した、「竹のガムラン」オーケストラです。
 ジェゴグの本場、バリ島・ヌガラのジェゴグ・グループと言えば、「スアール・アグン」。

 スアール・アグンは、日本公演も何度も行っています。
 以前、16年ほどまえ、一介の旅行者だった私は、初めてヌガラにこの「スアール・アグン」のジェゴグ演奏を見に行って、衝撃を受けて以来、日本公演へも足を運び、大ファンになりました。

 しかし、スアール・アグンをはじめ、ジェゴグの演奏は、当時はヌガラでしか見れず、ウブド近辺では、「チャーター」という形でしか目にすることが出来ませんでした。

 現在は、ウブドにも2グループのジェゴグのチームが有り、定期公演で見ることが出来ますが、やはりスアール・アグンの、あの精霊を呼び起こすパワーあふれる演奏をもう一度見たい。

 その思いはずっと有りました。

 この度、2013年の1月26日に、なんとペジェンで、しかも満月に、スアール・アグンの特別公演が企画されることになりました!

 ペジェンはウブド近郊の、やはり古い歴史ある村です。ウブドからは車で30分ほどのロケーション。

 この時期、バリ島に居らっしゃるならば、是非見て欲しい公演です。

以下、インフォメーション転載。

■スアールアグン楽団ジェゴグ満月公演のご案内

ゴア・ガジャ、イエ・プルなどの古代遺跡や、プナタラン・サシ、
クボ・エダンなど歴史ある数々の寺院を持つウブド近郊の村、ペジェン。
神話と遺跡に彩られたこの村で、ヌガラの誇るジェゴグ楽団
「スアール・アグン」が特別公演を行います。
新年のパワーあふれる満月の夜。
空からの月の光と、大地からの音の洪水。
魂を揺さぶるパフォーマンスをぜひ体験してください。


○日時:2013年1月26日(土)19:00~20:30
○チケット料金:Rp250,000
○場所:ペジェン村クボエダン寺院裏


○チケット販売場所
・ワルンソフィア(プネスタナン、ウブド)
・カフェアンカサ(モンキーフォレスト通り、ウブド)
・ワルンビアビア(ゴウタマ通り、ウブド)
・ウブド情報センターAPA(スグリワ通り、ウブド)

今回のこの公演は、ペジェン村村長であるチョッ・アグン氏の
希望とご協力によって開催の運びとなりました。
ウブドの隣にありながら、ウブドほどひんぱんに訪れる機会が
あまり多くないペジェン村に、どうぞこの機会にひとりでも
多くの方に足を運んでいただければというのが、
チョッ・アグン氏のお気持ちです。皆様のご来場をおまちしております!


お問い合わせはemail
info@ubudradio.com
でも受け付けております。



スポンサーサイト



2013年元旦!プリアタン王宮での「バパン・サリ」バリガムラン・舞踊コンサート

本日、2012年の年の瀬、12月は28日。

 いや、今年もあと3日で終わり・・・

 今日は2013年の年明け第一弾のイベントのご紹介を。

 バパン・サリ、は、日本人による、バリガムラン・舞踊のグループで、今年、12周年を迎えます。

 12年、と一言で言うのは簡単ですが、多少なりともバリ舞踊を齧った身としては、その凄さをしみじみと実感する、そういう重みを持った年月です。

 芸能をやり続けるというのは、本当に、これは、もう、「好き」という情熱のみ。それは明らかにひとつの才能である、と私は思っています。

 始めた頃と同じ「熱」を持ち続けている皆さんを、心からリスペクトします。

169249_526992547324536_297434547_o.jpg


2013年元旦・午後4時開演~一時間半程
場所:プリアタン王宮(グヌン・サリ楽団の公演会場です)
入場無料・どなたでもご覧いただけます


 ガムラン・チームは、日本からのメンバーの他、「スマラ・ラティ」のチャタル氏他参加

 そして、踊り手・チームには、日本からのメンバーに加えて、日×バリのハーフの子供達も参加。
 うちの娘も参加させて戴く事になりました。

 元旦をバリ芸能の中心、プリ・アグン・プリアタンにて迎えれらるとは、なんと光栄なことでしょうか。

この日、ウブドに居らっしゃる方、ぜひお立ち寄りくださいませ!

インフォメーション:木炭画家、京都で個展開催

takuokoten.jpg



大角拓央木炭画展【 PARAM 〜天涯の郷 化楽の花〜 】

会期:2012年2月11日(土・祝)〜19日(日)
時間:11:00〜19:00
場所: アートステージ567  ←クリックでウェブサイトに飛びます
住所:京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92
電話:075(256)3759
*こちらのギャラリーは通常月曜休廊ですが、本会期中は休まず営業しております。



PARAMとは、仏教とともに日本にもたらされた『彼岸』という意味のサンスクリット語ですが、広義には『あちら側』という意味を持ち、私達が住まう世界とは別の場所を指す言葉です。
ちなみにPARAMの過去分詞がPARAMITA(パラミータ)、漢字に音訳されて『波羅蜜多(はらみた)』となり、どこかで聞いた憶えのある人も多いかもしれません。

仏教の世界では、彼岸に至る(悟りの境地に達する)ためには煩悩を断たねばなりません。人間を苦しめるのは煩悩です。しかし、本当に煩悩は無い方がよいものなのでしょうか。
煩悩に塗れ、悦楽に溺れたり苦しみに苛まれたりする人間の姿こそ、私はそこに意味があるのだと思います。そうでなければ、生まれてくる必要など無いのではないでしょうか。人に煩悩があればこそ、私が絵を描く意味も少しはあろうかと思います。

場の雰囲気を壊すような作品を1枚ご用意いたしました。
それを見るなり、目を背けるなり、そこは皆さんのご自由になさってください。
しかし、そこに芽生えた私(あなた)の感情も、まぎれもない私(あなた)の一部であり、目を背ければ背けるほど、私(あなた)の中にあるわだかまりが大きいのだと、そこに越えるべき壁があるのだと、それだけは知っていてください・・・



昨年の様子
【 絡まり昇る ふたつの螺旋 matière organique et matière inorganique 】
Click Here!



PRASANTIの客室に絵を置いている画家さんの個展です。
関西方面の方、その時期京都に行かれる方、ぜひご覧くださいませ。
ギャラリーも町屋の、風情ある建物で素敵ですよ~♪


名古屋のガムラン・グループ「スアラ スクマ」公演のお知らせ

今日は、名古屋のガムラン・グループ「スアラ スクマ」さんの公演情報です。

私が昔、バリ島とバリ舞踊にはまっていた時、日本で行われるバリ舞踊やバリ芸能の公演には、可能な限り行きまくっていました。とにかく、「バリ」に触れていたい、寝ても覚めてもそのことばかり。

そんな風に打ちこめた時代があったこと、今では本当によかったなあ、と思っています。

あの頃の情熱を保ち続けて、同じ温度で切磋琢磨し続ける人たちがまだまだ居ます!


 毎年、年末にうちの宿で、素敵なグンデルの音色を響かせてくれるお客様がいらっしゃいます。

バリには、ガムランの練習のために定期的に訪れられていらっしゃいます。

愉快なお方で、時々私も、彼女の練習にくっついて行ったりします。

どこでも即座に演奏の中に入っていける、というのはすごい!

踊りだと中々そういうわけにはいかないですし、そこから即興で、音楽で現地の人たちとコミュニケートできる、っていうのは、見ていても気持ちがいいです。

その彼女が所属する、名古屋のグループが公演をします。

お近くの方、是非ご覧ください!熱いバリの息吹を感じられると思います。

odorudaisekai1.jpg


◆踊る大世界Ⅱ 旅路は続くよどこまでも~羽振り奮闘編◆

世界を見渡す霊鳥ガルーダと烏天狗
その従者、幸せの伝道師ルバノとかかわった
人間兄弟の運命をバリ芸能と和太鼓のコラボでお送りするお笑い民話!
バリ舞踊もあります♪

名古屋市東文化小劇場次世代育成支援事業
バリガムラングループ「スアラ スクマ」主催創作公演

2012年3月17日(土) 全席自由
名古屋市東文化小劇場 (地下鉄名城線 ナゴヤドーム前矢田駅)
昼の宴 開場13:00/開演13:30
宵の宴 開場17:30/開演18:00


前売 \2500 / 当日\3000  子供(小学生以下) 前売\1000 / 当日\1500
     
チケット取り扱い/お問い合わせ

<スアラ スクマ チケット係>
TEL : 090-9945-2325
MAIL : odoru_daisekai@yahoo.co.jp
お名前、ご連絡先、ご希望枚数をお知らせください。

<名古屋市東文化小劇場>
TEL : 052-719-0430

<ナディアパークプレイガイド>
TEL : 052-265-2015

詳しくは
スアラ スクマ

↑をクリックして下さいませ!

いよいよ迫ってきました!

フライヤー


最近、雷がよくゴロゴロしているUBUDです。
おかげで、普通の電話回線を接続して、細々とネットにアクセスするPRASANTIでは、なかなかネットに繋げない日々が・・・

メールによるお問い合わせのお返事が遅れてしまってご迷惑をおかけしている事もあるかと思います。申し訳ございません~~!三日以内にはお返事差し上げますので、ご了承くださいませ。

雨もじゃんじゃん降るし、中々外出もむずかしい今日この頃ですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、いよいよ二月。

二月と言えば、以前から待ちに待っていた、「伊藤武氏のバリ島・ヨガ・ワークショップ」が、いよいよ間近に開催されます。

伊藤武さん、は、作家・イラストレーター・ヨガ講師・サンスクリッド語講師・アーユルヴェーダ料理人(?)・インド古武術研究家(??)・・・と、様々な顔をお持ちの方。

わたくし、日本に居たころからの大・ファンで、その著書「身体にやさしいインド」は、もう、なくてはならない本NO.1なのです。
伊藤先生・著書


有りがたいことに、ご縁頂いて、伊藤武氏のバリ島・ヨーガ・ワークショップのお手伝いをさせていただけることになりました。

今回のヨーガ・ワークショップの会場は、PRASANTIの3階、四方八方壁のない、非常に危険・・・いやいや、非常に見晴らしの良い、風通しの良いフロアとなりました。

日本からご参加の皆さま、そして、ぜひ、バリ島にこの時期滞在中の皆さま、ぜひぜひ、楽しんで参加して下さいませ!

期間は2月7日~2月17日
時間は午前10時~12時予定
講師は日替わり・伊藤先生含む、5人のヨーガ講師の方々が、日本から上陸されます(^^)
受講料は二千円(二時間)・KITAS(現地在住VISA)保有者、KITAS料金有!

講師の方々:
伊藤武先生・マルマヨーガ
詩世先生:カルカッタ・スタイル、パタンジャリ・ヨーガ
たっきょ先生:ナータ派、クンダリニーヨーガ
dodo先生:シヴァナンダ系ヨーガ
マーリニー先生:デーヴィーヨーガ、ジャパヨーガ

ということで、様々なスタイルのヨーガがあります!

私も、ほぼ初心者なのですが、全部制覇!を狙っております(^^)v

一緒に、緑の中吹きわたる風を体に受けながら、ヨーガで心地よい時間を過ごしませんか? 

| ホーム |


 BLOG TOP