FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿を始めました。
http://prasanti.web.fc2.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

トランスポートにつきまして

二月になりました、皆様いかがお過ごしでしょうか?

二月は、お正月をはずして来られるリピーターのお客様が沢山いらっしゃいますね(^^)

昨年末あたりから、各種料金の改定を行ったところも多いようです。

昨年、ガソリンの値段がそれまでの1,4倍に上がりました。
それに伴い、トランスポート料金も上がっております。

先日、我が村のトランスポートサービス協会からもお知らせが回って参りましたので、お知らせ致します。

UBUDのPenestananが拠点です。

Kuta、Seminyak ;300,000Rp

Uluwatu、Jimbaran、NusaDua ;350,000Rp

Sideman、Candidasa ;300,000Rp

PadangBai ;300,000Rp

Amed、Tulamben ;600,000Rp

Lovina ;500,000Rp

Tejakula ;450,000Rp

Sanur ;200,000Rp

Tanah Lot ;350,000Rp

Negara ;600,000Rp

Airport ;300,000Rp

Central Ubud ;50,000Rp

以上になります。

なお、交通渋滞はますます悪化しております。スケジュールは余裕を持ってお立てくださいませ〜。


2014年2月現在。
スポンサーサイト



PRASANTIに興味がある方、予約してみようと思われる方、まとめてみました。(2012年10月追記)

IMG_3946.jpg

さて、今日はPRASANTIに興味を持って下さった方の為に、どんな宿なのか、予約時の事、宿からの交通についてまとめてみます。

ウェブサイトPRASANTI

よりも、ブログを見て下さっている方の方が多いのかな?と思いまして、ブログの方にも情報をまとめておきますね、ご利用下さい。

宿の場所につきまして

まず、ロケーションはウブド群サヤン村、プネスタナン・クロッドという集落に位置します。
デンパサール方面からウブドに向かわれる際、抜け道的によく通られるので、地元のドライバーさんなんかは結構道をご存知ですが、地元のドライバーさんではない場合、分かりにくい場所にございます。

普通のバリ人集落の中にございます。細いガン、と呼ばれる道から入ってくるので、うちの車しか入って来れない場所にございます。

その他のお車は、近くのバレ・バンジャール(プネスタナン・クロッドの集会場)付近に駐車して戴いて、徒歩にて20メートルくらい(?)二分ほど歩きます。

住所:Br.Penestanan Kelod Desa Sayan UBUD / clse to Balai Banjar Penestanan Kelod

こういうロケーションのため、初めてPRASANTIにお越しいただく方には、うちからお迎えに行かせて頂いた方が宜しいかと思います。
利点①いちいち電話で場所を問い合わせなくてもよい。
利点②重い荷物を引き摺って歩かなくても、そのまま車で宿まで入れる。
空港送迎・片道20万ルピアで承っております(深夜1時以降は深夜料金加算)

2012年10月現在、深夜到着・早朝出発のお客様が増えて参りました。通常の空港送迎料金は、片道20万ルピアの据え置き、深夜零時以降の送迎、片道25万ルピア、早朝(深夜・午前)3時以降~5時までの送迎、片道30万ルピアにて承っております。


宿泊予約につきまして

お電話にて問い合わせて戴く場合、家の電話0361-979308には、バリ語で対応のうちの舅・姑が出る確率99%ですので、ワタクシ・あずさに直接お電話下さいませ。
081-3372-66955でございます。あ、イタズラ電話はご遠慮くださいまし。

または主人KETUTの番号081-2394-3047こちらはバリ語・インドネシア語・わずかな英語でお問い合わせの際にどうぞ。

今までも、家に電話して下さって、舅・姑のバリ語対応でびっくりされたお客様も多いかと存じますが、元々、家の電話ですのでご容赦くださいませ。

一番、確実なのは、メールで事前に予約戴く事です。
メール宛先
pt_prasanti@yahoo.co.jp

メールでの返信も、三日以内、と非常に悠長な感じなのですが、こちらの通信事情、うちの通信事情にて、これもご容赦くださいませ。
今時の日本の皆さまのように、携帯で常にメールチェック、という事が出来ません。ですので、問い合わせてすぐに返事が欲しい、という方々には、直接電話して戴くしか無いのですが・・・

メールは出来る限り毎日一回はチェックしております。
ですが、宿がたてこんでいる時、病気の時、行事で忙しい時、はそんな余裕がございません。気がついたら三日経っていた、ということがよくございます。

つまり、PRASANTIは家族経営の限りなくホームステイに近い宿なのです、今のところ。

インターネット環境につきまして

宿にはWIFIは有りません。ゆくゆくはWIFIはつけようか、と検討中です。通信手段としてワタクシ個人はモデムを使用しております。
お客様にはウブドに最近限りなくあるWIFI Hot Spotのレストラン、またはインターネット・カフェをご利用して戴く形になります。
うちから歩いていける範囲にも、最近、WIFI完備のカフェが出来ました。

緊急時には電話をお貸しいたします。

2012年現在、オーナー自宅のテラス部分のみ、フリーWIFIのHOT SPOTとなっております。個人宅のプライベート・テラスですので、朝9時~夜9時までのご使用となります。どうぞご理解のほどをお願いいたします。
なお、電話をお貸しする場合、バリ島内通話1万ルピア、島外通話料金をお支払い戴くよう、お願いいたします。


宿からの足につきまして

さて、うちはウブド郊外に位置しております。この集落は「ヤング・アーチスト・スタイル」という画家がたくさん住む、絵描きの村ですので、小さいギャラリーや、ビーズ細工、バティックの店などが数件ありますが、ウブドの中心地のように沢山の店やレストランが有る地域ではございません。

プネスタナン内のレストランは、私がお薦めする「居酒屋スタイル ワルン・ソフィア」「オーガニック野菜を使ったおいしい日本の家庭料理風 ワルン・アラミー」「インドネシア料理のBUBUワルン」、その他、何軒かレストランがあります。
お隣の村、プネスタナン・カジョーにも、最近、色んなカフェやレストランが出来ています。

一番近い「BUBUワルン」までは徒歩10分。しかし、急な坂道が一か所ございます。
「居酒屋ソフィア」までは徒歩20分ほど。この距離を歩くのが嫌な方は、バイクにてお送りいたします。

プラサンティでは、ご自分で車やバイクに乗れない方の為に、一日一往復の無料送迎をおつけしております。
それ以上回数のトランスポートになりますと、やはりお金を戴く形になります。
ウブド中心地まで
バイク往復3万ルピア(片道2万ルピア)
車往復5万ルピア(片道3万ルピア)
で承っております。
フリートランスポート適用外の場合、出先でトランスポートを頼んでいただく事も可能ですし、ウブド内には、「トランスポート」とお客さんを探しているドライバーが沢山おりますので、上記料金を大体の目安で、値段交渉の上、それらのトランスポートもご利用下さいませ。
現在、何事も相場が上がっておりますので、上記料金はあくまでも目安になっております。


うちのような郊外を好まれるお客様は、歩かれるのが好きな方が多いです。または自分でバイクで自由にあちこち行かれる方が多いです。

バイク・レンタルは
日本で言う原付・オートマティックタイプ

1日~3日レンタル:1日/5万ルピア
4日~6日レンタル:1日/4万ルピア
7日以上14日:1日/3万5千ルピア
それ以上はまた、お問い合わせくださいませ。

以上、バイク・レンタルの手配を承っております。
最近、「プラサンティに泊まるから、バイク乗れなきゃ、と思って、日本でレンタバイクして練習してきた」とおっしゃるお客様が結構いらっしゃって、思わず、ワタクシ目頭が熱く・・・ほんとに有難うございます(涙)
でも、道事情が良くないし、安全にかんしては本当に皆さま、お気を付け下さいませ。バイクは小回り利くし、便利です。が、それでこけたり事故に遭ったりしては元も子もございませんので、十分に注意して下さいませ。

レンタ・カーに関しましては、うちには駐車スペースがございませんので、お受けできません。が、1日づつ借りたい、という方はご相談下さいませ。


以上、よく質問される事柄を並べてみました。

2年経って、リピートして下さるお客様も増え、本当に有難い事です(感涙)

で、2年経って、やはり「今はこうしか出来ない」ということも見えて参りました。

大きなリゾートホテルや、街中のブティック・ホテルのような利便性は、うちでは無理です。

昔々、ウブドによくあった、ホームステイ、そういうのを求めている方にはツボにハマるかも。

言葉は全然通じないんだけど、なんかみんな世話好きで人懐こいホストファミリ―が居て・・・
不便なんだけどなんか、その不自由な感じがいい、というような。

まあ、私が日本人なんで、私が居る時は出来るだけ日本語で応対いたしますが、居ない時は、皆さん、自力で頑張っていらっしゃいます(^^)

私が居る時はもちろん質問に日本語でお答えしますが、そうでないときは何とかコミュニケーション取ろうと、うちの者たちも含めて、頑張っています。

基本、
夜、快適に眠れて
清潔で大きな部屋で
朝食をたっぷり食べれて


という三つの事を提供するのが宿だと思っていますので、うちにそれを求めて下さる方、安心していらして下さいませ♪

あと、ご意見・ご要望がありましたら、ここで受け付けますのでぜひコメントを!

動画で「ぷらさん亭への道」

皆さま、お元気でお過ごしですか?

我PRASANTIでは、ちょっと怪我続き・・・

まず、ブログ管理人の私が、右足先を車に踏まれて(轢かれて、とも言う・・・)負傷。幸い、骨に異常はなかったようです。

それから、バカ犬・シロちゃんが。車にはねられ、やはり右足負傷・・・。
事故の日は、丸一日行方不明になって、泊まって頂いていたお客様や家族に、それはそれは心配をかけたシロ。

どこかで動けなくて、死んでるのでは・・・と、一時は騒然となったぷらさん亭でしたが、翌日、自力で帰ってきました、シロ・・・。
未だに右足は上げたまま、地面に着きませんが、元気になってきました。

よかった・・・。

右足繋がり・車事故繋がりなので、コレはなにかのしるしなのか・・・?とちょっとブルーになっていましたが、そんなこたぁ、もう考えません。
一に注意、二に注意!です。
皆さまも、ご注意あれ!
特に法律も習慣も考え方も違う海外での、外国人の事故は、これはもう、ほんとうに、「自分の身は自分で守る!」しか無いので、十分にお気をつけ遊ばせ!

車つながりで、家の敷地に、車のガレージが完成しました。
かなり強引に作っちまいましたが、自宅に車庫が有るのって、何て便利なの!!!

雨の中、重い荷物を引き摺ってびしょぬれになる事もない・・・
お客様にも、歩かずに外出して頂ける・・・・

良かったよかった~です。

が、そのツケ(?)が私とシロの足に来たのでしょうか??いや、新しい車庫の禊ぎだったという事で。

さて、十月は、これはもう、完璧に雨季、ですよね。今までのような、「なんちゃって雨季」「ほんとは乾期のはずなんだけど雨ばっかりでごめんなさいな、偽雨季」とは違います。由緒正しい、雨季なのです。
あまり、前半の半年と違いがないような感じですが、雨季らしい雨がどしゃーっと降っています。

そんな中を、ウブドの素敵なカフェ「AngKaSa」(美味い!WIFI完備!居心地抜群!千客万来!・・・こんなもんでいい?こてっちゃん?)の、店長の夫・コテツ氏が、我がPRASANTIの取材に訪れて下さいました。
カフェ・アンカサは、言わずと知れたUBUDの名店です。OPEN当時から、私も頻繁に利用させて頂いております。本当になごめる、いいカフェです。
このブログも、時々カフェ・アンカサの素晴らしいブロードバンド設備を利用させていただいて、更新しております。

UBUDのホット・スペース、無料WIFI、お料理もコーヒーも何もかもおいしいカフェ、それは「アンカサ」ですからね!覚えておいて下さい!

多くのファンを持つ、このアンカサのブログで、PRASANTIを取り上げて頂きました♪
なんと、動画で、ウブドのメインストリートからうちの宿まで、そして第二弾は宿の敷地内と部屋を紹介して頂いてます。私とコテツ氏の声も入ってます(恥ずかしい。いや、決して”恥ずかしい声”じゃないですよ)。

コテツ氏・・・バイクに乗りながら撮影したものと思われますが、臨場感に溢れまくってます。

そうですよそうですよ、皆さん、こんな道なんです、ぷらさん亭への道は。

http://angkasa.seesaa.net/archives/201010-1.html

クリック↑↑↑

ローカル色溢れんばかりの画像、日本にいらっしゃる方は、これを見て、バリの風に吹かれて下さい。
きっとバリ病再発間違いなしですから。

近日中に、宿内部の動画も公開予定。
COMING SOON!!!!!!!!!!!!

続きを読む »

宿へのみちのり。

PRASANTIへお越しいただく際の目印・新しくなったバレ・バンジャール(集会場)と、うちの前の道をご紹介します。

以前、このブログでもご紹介した、ジュリア・ロバーツ主演の「EAT,PRAY,LOVE」の撮影現場ともなった、プネスタナン・クロッドの集会場。
実は、プラサンティのすぐ近くです。
映画では、青い柱だった集会場、先日来の改修工事を経て、現在、こんな落ち着いた色調の建物に変身。
ハリウッド映画撮影でお金が入ったのか(!?いやいや、この改修工事は、村人たちの寄付に寄りました。)、すっかり立派になった集会場ですが、この前の四つ辻が、我がプネスタナン・クロッド村のメインストリート、メイン十字路です。

バレ・バンジャール前四つ辻

十字路の東側から見たところ。

新しい集会場

立派になりました~!この集会場の横を通って行きます。

実は看板

実は、オーナーKETUTが密かに看板をはっ付けていたのですが・・・(しかも従兄の家に)、全然目立ちません。私も、一週間過ぎても気づきませんでした・・・・
もっと目立つようにつけんかいっ!!
この目だたぬ看板を素通りして直進、

突き当りまで直進

すると、正確には行き止まりではなく、サヤンの方に通り抜ける農道が有るのですが、一見突き当りに見える所を右折します。
ちなみに、お車でお越しの方は、ここまでしか入れません。

突き当りで右折

さて、突き当りを右折すると・・・
さあさあ!以前、お越しいただいた事の有る皆様はお気づきですか?

道が、きれいになっているでしょ~~~!?
凸凹をふさいで、溝も蓋をして道幅を広げました。うちの車はこれで入れるようになりました。

ちょっと坂を上って

以前、凸凹だった時は、バイクで通るのが怖かった坂道も、通りやすくなりましたので、バイク派のあなたも、もう大丈夫!


という訳で、以前のような、秘境じみたロケーションではなくなりましたので、是非お越しやす(^^)/

Google Mapに載せてみました。

ホームぺージの「リンク集」のところにもリンクさせたのですが、
Google MapにPRASANTIを載せてみました。


Google Map PRASANTI

グーグルマップ、道は正しいし、普通の地図じゃ絶対に載っていない小道も載っているので便利なのですが、道の名前やなんかが、違いまくってます。

うちのバンジャール(集落)の名前は、「PENESTANAN KELODプネスタナン・クロッド」と言いますが、地図上で「Jl.Campuhan」とか、「Jl.kedewatan」とかになっているのは、あれは「Jl.Penestanan」です。
あれをバリ人のドライバーに見せても、絶対に迷うこと間違いなし。彼らにとっては道の名前は、「バンジャール」の名前ですから。

そして、もうひとつ残念ことに。
うちの近所で、ちょっと有名な・みんなが知ってる・目印になりそうなお店やホテル、ほとんど無いのですが、一軒だけ、すごく近い所にある高級ホテルがあります。
「The Mansion」という、ジャワ人経営の、ヘリポートなんかもある、大きなリゾートホテルなんですが、そこの場所が、間違って載っているんですよ~!
多分、道の名前が間違ってるゆえに、サイト管理人も間違ったんだと思うのですが、道一本分間違って載せてます。

PRASANTIは「The Mansion」から、田圃のあぜ道(バイクは通ってます)を通って、徒歩5分の所にあります。ザ・マンション、うちの宿の三階から見えるくらいの位地なんですよ、本当は。
グーグルのPRASANTIの場所は確実に合っていますので、うちに来るとき、「The Mansion」を目印としないで下さいね(笑)!

うちに来る際の目印、それは、グーグルマップでは「Jl.kedewatan2」となっている道の四つ角にある、「青い集会場・バレ・バンジャール」です。
そう、過去の記事にも書きましたが「ジュリア・ロバーツ」が撮影した「あの集会場」から南に進んで、つきあたり(残念ながら車はここまで)を右折して「Gang ガン(小道)」に入ります。デコボコ道(バイクは余裕で通れます)を進むこと100メートルくらいでしょうか。向い側にしょぼい(失礼!)ワルン(よろずや)があるところの、左側がぷらさん亭。
ちなみにこの小道は、うちのお隣さんまでで行き止まりです。

うーん。
ま、実際に来ていただくのが、一番手っ取り早いかと(笑)。最初はお迎えにあがりますから!

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE