FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿を始めました。
http://prasanti.web.fc2.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

シロ、リボンをつける。

<ど~こだ?

さて、これはどこに有るものでしょう。
ぷらさん亭のどこかにあります。
見つけた方には、もれなくクラパ・ムダーのジュース(ヤング・ココナッツ・ジュース)を進呈。


さて、この宿の繁忙期、誰が一番幸せだったか。

それは、まず、うちのバカ犬、「シロ」に間違いありません。

シロ、今まで、こんなに相手にしてもらって、こんなに撫でてもらって、こんなに話しかけてもらって、こんなに可愛がってもらったことは無かったと思います。

一般的に、バリ人は、日本人がペットに注ぐような愛情を、犬に対してはかけません。
かわいがる人も居ますが、一般的に、犬は「不浄な生き物」とみなされているようで、「人間扱い」には絶対にしません。
うちのシロも、唯一の日本人である私が一番、可愛がってないので、愛情に飢えているようです。

今回、ご宿泊いただいたお客様、皆様、本当にシロを可愛がって下さって、シロも本当に、犬冥利につきたのではないかと、、、

シロ、バカで、へタレなんですが、妙に人間っぽい表情をする犬で、バカなゆえに可愛い、ダメなゆえに愛嬌がある、そういうのの典型。

そこが、犬の好きな人にはツボなようで、宿にお客様がいる間、シロは至福の時を過ごしておりました。

本当に、皆様、有難うございました(シロも一緒にお辞儀中)

で、実は、今現在、バリ島では「狂犬病」が流行り中。
狂犬病の犬にかまれて、死んだ人も何人か出ています。

今までは、バリ島固有の、バリ犬しか居なかったのに、ここ何年間かで、外国種の犬が入ってくるようになって、狂犬病が持ち込まれた、と言います。

ワクチンが切れたり、なんやかんやで対応が遅れていたのですが、このほど、目出度く、うちのバンジャール(集落)でも、狂犬病ワクチンの無料接種が行われました。

犬を集会場に連れて行って接種と聞いていたのですが、9日の午前中、いつもと違う鳴き方を続けるシロの様子を見に外に出ると、でーっかい網を掲げた男たちが、シロを取り囲んでいるではないですか!
首輪をつけてても野犬狩りにあう、という噂を聞いていたので、「やめて!やめて!」と外に出ると、予防接種したいから、抑えたいとのこと。

そんなデカイ網で捕獲体制とられたら、そら、怖いやろー!!網をおろしてくれー!とお願いして、旦那が抱きかかえて、お尻にぶすっと注射。
シロは、網に脅えてちょっと暴れてましたが、注射そのものは何にも感じなかったようです。←ニブイ。

無事、注射が終わったワンコには、印として、赤いリボンが首につけられます。
うちのぶさいくなシロにはちょっと似合いませんが、仔犬がつけてると、カワイイ♪
シロ1


と、いう訳で今、UBUD周辺では、わんこ達がみな、赤い首輪(リボン)をつけているので、ちょっと笑えます。
じいちゃん犬も、仔犬も、バリ犬も、ちょっと高そうな犬も、みーんな首に赤いリボン♪

という訳で、遅ればせながら、うちの宿の番犬シロも、狂犬病予防接種を済ませましたので、安心してじゃれてやって下さいませ(^^)厭って?
シロ2

スポンサーサイト



年末と年始のご挨拶に代えて

2009年のクリスマスから、年明けにかけて、PRASANTIはありがたい事に、満室でございました。
これも、来てくださった皆様はもちろんのこと、今まで、宿を建てる、と決めてから、お世話になった皆様、家族を筆頭に、建築に携わってくれた職人さんたち、数々の助言と励ましをくれ続けた、バリ在住・日本在住のの友人たち、のお陰と、本当に有難く思っております。
ようやく、皆様に頼りっぱなしだったPRASANTIも、恐々と一人で歩き出せました。

この年末・年始を終えて、今、またPRASANTIはひっそりしています。

寂しいなあ。

宿を始めてよかった、と、心から思えたこのハイ・シーズンでした。

色んな人と、家で、「日本語で」お話できた。
このことが、私にとって、どれだけ嬉しい事だったか、きっと誰にも想像がつかないでしょう。

いろいろ有りましたが、なんとか乗り切れた!
という充実感で、一杯です。
良い年末、年始でした。

皆様は如何でしたか?

最後に、
来てくださったお客様に、お礼のご挨拶を・・・

お客様各位

年末・年始のご挨拶もできませず、失礼いたしました。
昨年中は、PRASANTIにお越しいただきまして、本当に、本当に有難うございました。

昨年8月からOPENし、のんびりゆっくり、細々とお客様をお迎えして、この年末が、いわば、PRASANTIの初めての繁忙期、PRASANTI号の処女航海でありました。

初航海で、本当に本当に素敵なお客様に乗り合わせていただいて、PRASANTI号は、幸せな処女航海を乗り切ることができました。

いたらぬ点、未熟な部分が多かったと思います。
でも、皆様のあたたかいご協力のお陰で、本当にPRASANTIをOPENさせて良かった、と、心から思っております。

今回、皆様と知り合えたのも、何かの縁だと感じております。
この先も、このご縁が続けば、こんなに幸せな事はないと存じます。

PRASANTIにお越しいただいて、少しでもバリが身近になっていただければ、嬉しいです。
また、息抜きに、冒険に、そしてチーム・PRASANTIに会いに、ぜひバリ島にいらして下さいませ。

それでは、
心からの感謝を込めて、お礼と、もう済んでしまったけど年末のご挨拶と、新年のご挨拶とさせて頂きます。
有難うございました。

PRASANTI一同(含む・シロ)

| ホーム |


 BLOG TOP