FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿を始めました。
http://prasanti.web.fc2.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Google Mapに載せてみました。

ホームぺージの「リンク集」のところにもリンクさせたのですが、
Google MapにPRASANTIを載せてみました。


Google Map PRASANTI

グーグルマップ、道は正しいし、普通の地図じゃ絶対に載っていない小道も載っているので便利なのですが、道の名前やなんかが、違いまくってます。

うちのバンジャール(集落)の名前は、「PENESTANAN KELODプネスタナン・クロッド」と言いますが、地図上で「Jl.Campuhan」とか、「Jl.kedewatan」とかになっているのは、あれは「Jl.Penestanan」です。
あれをバリ人のドライバーに見せても、絶対に迷うこと間違いなし。彼らにとっては道の名前は、「バンジャール」の名前ですから。

そして、もうひとつ残念ことに。
うちの近所で、ちょっと有名な・みんなが知ってる・目印になりそうなお店やホテル、ほとんど無いのですが、一軒だけ、すごく近い所にある高級ホテルがあります。
「The Mansion」という、ジャワ人経営の、ヘリポートなんかもある、大きなリゾートホテルなんですが、そこの場所が、間違って載っているんですよ~!
多分、道の名前が間違ってるゆえに、サイト管理人も間違ったんだと思うのですが、道一本分間違って載せてます。

PRASANTIは「The Mansion」から、田圃のあぜ道(バイクは通ってます)を通って、徒歩5分の所にあります。ザ・マンション、うちの宿の三階から見えるくらいの位地なんですよ、本当は。
グーグルのPRASANTIの場所は確実に合っていますので、うちに来るとき、「The Mansion」を目印としないで下さいね(笑)!

うちに来る際の目印、それは、グーグルマップでは「Jl.kedewatan2」となっている道の四つ角にある、「青い集会場・バレ・バンジャール」です。
そう、過去の記事にも書きましたが「ジュリア・ロバーツ」が撮影した「あの集会場」から南に進んで、つきあたり(残念ながら車はここまで)を右折して「Gang ガン(小道)」に入ります。デコボコ道(バイクは余裕で通れます)を進むこと100メートルくらいでしょうか。向い側にしょぼい(失礼!)ワルン(よろずや)があるところの、左側がぷらさん亭。
ちなみにこの小道は、うちのお隣さんまでで行き止まりです。

うーん。
ま、実際に来ていただくのが、一番手っ取り早いかと(笑)。最初はお迎えにあがりますから!
スポンサーサイト



恥ずかし姫

ご宿泊いただいたお客様が、何人かブログなどでご紹介下さってますが、
うちの裏には、田圃が広がっています。

畔道がどこまでも広がり、私たち家族も夕方の日が落ちる頃に、よく散歩します。丁度、西側なので、夕陽がとても美しいのです、以前もブログでご紹介しましたね♪

うちの子供達は、田圃に行くのが大好きで、私が居ない日の夕方など、誰かに連れて行って!とせがんでは、よく行っているようです。
 ですので、彼らは、ちょっとした「田圃プロ」で、色々詳しいのです。生息する小さい動物とか、虫とか、草花とか、あぜ道の道順とか・・・

 前から、上の娘が、「プトリ・マルーっていう花があってね、それ、ママも見てね!」と言い始めて、頻繁に「プトリ・マルー」の名を口にするのですが、私は聞き流していて、何のことか分からなかったんです。

 そうしたら、ある日、二月にお泊りだったaquaさんが、ご自分のブログで、うちの子供達と田んぼに行った時の事を紹介して下さっていて、その「撫でると閉じる花」の事が書かれてありました。

 はは~、これの事を行ってたのか~、と分かり、俄かに興味が湧いてきた私。

とにかく、触ると閉じたり開いたりする、植物のことらしい。
なんか、食虫花みたいなもんかしらん!?と、ちょっとこわごわだったのですが、娘に案内してもらって、見てきました。

子供は元気です。私がひーひー言いながら行くあぜ道を、ちょこちょこちょこ~っと、弟と二人で駆けていきます。その前を、バカ犬シロが全力疾走・・・というより、飛び跳ねてる!?
オマエは狐か!?というくらい、あやしい飛び方を繰り返すシロ。いったい何が取り憑いてるのか・・・

 そして、ついにご対面、「プトリ・マルー」

プトリ・マルー


本当は花ではなく、葉っぱなのですね。

この、葉っぱの部分を、指でつんつんすると、
指で触ると・・


このように閉じてしまうのです。
閉じちゃいます!


ちょっとでも触れると、すぐに閉じてしまうので、実際には風に吹かれて、自分たち同士で当たったりして、頻繁に閉じたり開いたりしていて、なんだか、植物と言うより、動物を見ているようです。

虫が羽を動かして、うにょうにょ・ザワザワ動いてるようで、結構キモイ・・・

プトリ・マルーとは「恥ずかしがり屋のお嬢さん・お姫様」という意味で、触れるとすぐ閉じてしまう、その様子からこの名がついたのでしょう。

なんによ、初めて見たので、オドロキでした。

小さい頃は私も自然の豊かな所に住んでいたので、田圃ではよく遊びましたし、虫は苦手だったけど、色んな虫を知っていた記憶があります。子供時代は、子供同士でそういうのを見て、触って、遊んで、それが楽しかったなあ・・・

自分の子供にも、同じような環境で育ってもらえる事を幸せに思います。
同じく、この環境をなんとしてでも守っていきたいものだと、最近、強く思います。

そして、売店とは!?

昨日に続きますが・・・

物品の販売も行っているPRASANTI。

「売店」とは・・・
じゃじゃーん!!

お店!?

これでおます。

だぁ~れ~も気づかない、ひっそりとしたこの小さな棚。
母屋の、私が居住している「バレ・ダウ」と呼ばれる、南側の建物のテラスに置いてあります。
本当は、宿に立派な東屋でも立てて、そこを「オフィス」とかなんとかにして、レセプション的な場所にしたいのですが、今はまだ、そんな余裕はございません。

こんな感じで、大皿にどんっ!と盛ってありますので、ぜひ手にとってどんどんご覧くださいませ♪
商品


前職はアパレルが一番長かったワタクシ。
本来、物のディスプレイやレイアウトやなんかは得意なんです。
いや、得意だったんです!
そういうことをやっている時が、一番楽しい・・・♪
ま、今はそのスペースが無いので、ちんまりと、こじんまりとやっていきます。

あ、それから3階のフリースペースに、本や雑誌やフリーペーパーなんかを置いてあります。
お客様同士で、要らなくなった雑誌や新聞や本を、ご自由に交換できたらいいな、と思います。
私も、旅行者時代は、宿に誰かが置いてった本や雑誌を、楽しみにしていましたから♪

それと・・・マッサージ用ベッドを二台、3階に置いてあります。
今のところ3階でマッサージに使う予定はないので、ごろん、と横になるのにお使い下さい♪
なかなか快適ですよ。

3月はニュピという大イベントが。

あっという間に二月は過ぎて(やっぱり二月は短いですね)、3月は、バリ島では「ニュピ」という一大イベントがあります。

今年の「ニュピ」は3月16日。
ニュピはサカ歴の新年にあたる日で、一年で最も暗い夜、月の全く見えない日がその日に当たります。
バリ島全土で、一日中、まったくの「静寂」(ニュピとは、静寂、の意)を守る日で、火も電気も使ってはならず、一日中瞑想をするのが良い、とされます。

飛行機の発着も禁止となり、観光客も、宿泊施設の外に出ることができません。

そのニュピ前には、様々な儀式が目白押し。

まず、13日ごろから「ムラスティ、ムキエス」という、「海への清めの儀式の行列」が各村々で始まります。
これは、村の寺院のご神体を、清めるために海岸や川に運び出す儀式で、村全体でトラックや車、バイクで隊列を組んで、総出で海に向かう、大がかりな儀式です。

ニュピ前日の15日は、「タウール・クサンゴ」という、バリ島全土での「土地の清めの儀式」があり、それが終わると、各家庭で、「節分の日」のような、鬼払い、悪霊払いの儀式がにぎやかに行われ、「オゴホゴ」という、巨大なハリボテ人形が担ぎ出されます。夜まで子どもも大人もオゴホゴ見物に繰り出し、夜中までにぎやかに爆竹を鳴らしたり、翌日のニュピに備えて食料品の買い出しに行ったり、と浮き浮きしたお祭り気分が続きます。

そして、ニュピ当日は、ひたすら家の中、部屋の中で静かに過ごします。

ニュピの夜の、星の凄いこと。夕方になっても電気は点けてはいけませんので、外は全くの暗闇。飛行機の飛行音もありません。
まったくの、静寂。

これは、バリ島で、この日にだけしか体験できないものです。

この時期に来られる方は、ぜひ、この「ニュピ」を味わって過ごして下さい!

さてさて、話は変わりますが、
PRASANTIでは、密かに「物の販売」も行っております。

友人の手作り天然成分100%の石鹸。天然のココナツオイルに、これも天然の花や果物の精油を配合した、無添加の石鹸。
これはやはり、よく売れます。そして、使用後のご好評も戴いております。おみやげにもどうぞ♪
石鹸


そして、これ・・・・

hug2


はぐ~、はぐ~っ。

かわいくないですか?こんなのがおうちの食卓で、ひっそりハグハグしてたら、なごむこと間違いなし・・・

hag1

塩・胡椒入れなんですが。

大きな声じゃ言えませんが、特別価格3万5千ルピアで、販売・・・
あっ、間違えました、フォント・・・
大きな声じゃ言えないのは、賑やか地方のショップでは、2倍以上の値段がついてますので・・・コソッ・・・

hug3
かわいいメッシュの袋入りです。

他にも、PRASANTIの部屋のキーについているキーホルダーを模してオーダーしたキーホルダーや、エコ・バッグなども販売しておりますので、ぜひご覧になって下さいませ。

どこで、って?

うちの売店ですやん。
「売店」の場所は、次回。

| ホーム |


 BLOG TOP