FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿を始めました。
http://prasanti.web.fc2.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

宿での食事

海外での食事、楽しみでもあり、不安でもあります。

どこで何を食べても平気な人も居れば、健康上の理由、または個人的な好みで、食事に関して制限がある人も居ます。

ブログ管理人は、どこの食べ物でも、「おいし~い!!」と言って平気で戴いちゃいますが、病気や、妊娠中は、こちらの食べ物がまったく食べられなかった事もありました。

やはり生まれ育った日本のお食事が恋しくなることも・・・ありますね。

ぷらさん亭では、朝食は一応、パン食。アメリカン・ブレックファースト・スタイルです。

●食パンは、こちらでも売っている、日本の敷島パンの食パンを使用。バター&ジャム付き。
時々(私の気が向いたら)、「カキアン・ベーカリー」の焼きたて食パンをお出ししています。やっぱりおいしい♪カキアン・ベーカリーのパン♪

●ベーコン・ニンニク炒、チーズ、時々トマトを入れた、スクランブル・エッグ。

●うちで採れたパパイヤ、マンゴー、バナナのフルーツサラダ。

●オーガニック野菜サラダ、マヨネーズとベーコンチップ付き。

●バリ・コーヒーもしくは、ジャワ・ティー。

朝食

朝食はお部屋の前のテラスでとって頂きます。大雨だったり、ご希望であれば室内にて


毎朝、パン食で平気な人はいいのですが、時々、お粥が食べたいな、と、おっしゃる方もいらっしゃいます。

この間もそういうリクエストがあり、こんな感じでお出しいたしました。

ブブール

白粥(塩味のみ)は日本と同じ。トッピングは「和歌山産(本場ですぞ)梅干し」と、地元のブブール(粥)についてくるトッピング。これはもやしや長いんげんを塩辛く味付けしたものですが、日によって鶏肉などもあるようです。このトッピングは、近所で早朝だけ販売する、お粥売りで買ってきます。

さっぱりしたものでいいや、という時にどうぞ。


また、昼食や夕食について心配な方、近くのレストランなどへ出るのが億劫な方、「デリバリー」という手があります。

もともと、「テイクアウト」が盛んなインドネシア。ほとんどどんなものでも持ち帰りにして食べる事が出来ます。

日本食がいい方は、「影武者」のお弁当各種(種類豊富)や、ぷらさん亭の近く、「ワルン・アラミー」の日本食ナシ・チャンプール、もしくは午後1時から「ソフィア」のお料理各種のテイクアウト、が出来ます。

デリバリー料金が1万ルピア~かかりますが、部屋でのんびり、くつろぎながらお食事して頂けますので、ご利用下さい。

また、ぷらさん亭には、朝食時に使っている、共用「台所」がございます。

ちょっと何か飲みたい、ちょっと温めたい、簡単なものが作りたい、というとき、遠慮なくお使い下さい。

調理器具、食器等、ご自由にお使いいただけます。

それから、
全室冷蔵庫完備になりました!
西側の1階2階(眺めのいい部屋)はミニ・バーがセットされていますが、東側の1階2階は、冷蔵庫のみ。御自分で買われたお飲み物などにお使い下さいませ。
スポンサーサイト



来年二月の告知で~す。

2011年2月に、またまた期間限定ヨガ・レッスンの開催です。

初めて聞く名前です~!ダヤ・プティ・ヨガ・・・
www.dayaputih.org/home.html

楽しみ。

旅行者の方、その頃PRASANTIのご宿泊の方、在住の方、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせは

kanagenki@gmail.com

kanaUENOさんまで。

講師の方は日本人女性アーティスト!
www.studio9-kana.com


ヨガクラス縮小

2010年・プリアタン 世紀の大葬儀

こういう記事は、早くUPするに越したことはないのですが、またまた遅くなってしまいました~

11月2日に、またしても「最大の葬儀」がありました。

二年前はウブドの王家、今回はプリアタンのチョコルド、王様の葬式。

毎回の事ですが、巨大なバデ、巨大なルンブー、大通りの幅に見合わない巨大なものを作って、それを火葬場まで運んで行くのですが・・・

その日の為に、電線を切り、沿道の木々を切り、近隣の村々を巻き込んでの、エライ騒動・・・となります。

その日は半日、交通麻痺、怪我人必至。

二年前は、結構間近で見れましたが、今回は、道がちょっと狭いのも有って、見れるかどうか・・・
と思っていたら、やっぱり当日は、炎天下で3時間以上待って、あまりの人波に前に行けず、遠目に見れた程度・・・
疲れて、近づく元気もありませんでした・・・
が。

そんなことでは、あの巨大建造物(?)の凄さを皆様にお伝えできない!!

実は、葬儀の前日、プリアタンまで偵察に行ってきました。

そうしたら、丁度、バデやらルンブーやらを、プリアタンの大通りまで並べる儀式に遭遇。

でかい・・・

まず、このどでかさを・・・比較するものがないので、わからないか・・・

電柱にも人が

遠くから見るとこんな感じ。
手前の電柱に人が居るの、わかりますか?
そう、バデにぶち当たって線が切れないように、電線をあらかじめきっておくのです。
この付近一帯、停電ですね。ご苦労様な事です・・・

牛。

この、巨大白牛。
カーストが高くなればなるほど、でかく、そして色は白になります。牛、も、上位カーストの動物。
ちゃーんと、おちんちんも制作されております♪

合体

バデと、巨大階段梯子のようなものとを、合体させます。
明日、故人の棺桶を、この巨大梯子からバデに移すのです。
お、落ちそうで・・・見ててもコワイ!

この作業のために、近隣の村人に召集がかかり、所要時間も二時間ほど・・・

いやー、大々的。出店も一杯出てて、大人も子供も、見物人は行楽気分♪

こういうの、楽しいです。

で、本番は・・・

本番

こんだけしか見えませんでした・・・
帰りの渋滞を抜けるのに、また二時間かかって家にたどり着きました・・・

前日見といてよかったー!

| ホーム |


 BLOG TOP