FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿をやっています。
http://prasanti.web.fc2.com

※ブログ内の記事の無断転載・コピーを固くお断りさせて頂きます。引用される場合は必ずお知らせください※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ぷらさん亭のローカルな日常。

ここのところ、頑張ってブログをUPしています!
(頑張ってるつもり)
頑張ってブログをUPするために、あちこちの話題のお店にせっせと行っていたわけです。

しかし!!!
毎日毎日、レストランだのスパだのに行って、ええご身分やないかい!!という、実家の父親の怒声が聞こえてきそうなので、今日は本来の我々一家のささやかなレジャーについて、ご紹介しときましょう。

私は日本人ですが(国籍も)、ほかの家族はもちろんバリ人、それもウブドという片田舎の、これまたさらに郊外の村でひっそりと暮らしている、慎ましいバリ人家族であります。

日本の円で暮らせれば、まあそれなりの左団扇生活ができるでしょうが、実際はルピアで生活をしており、月々の必要経費にいちいち目くじらを立てて節約しないとやっていけません。

ほんと、きっついときは食べるものも食べないで生活しておるわけです。
しかし、そんな日々の暮らしの中でも、やっぱり子供たち、家族、友人、恋人(私にはいませんが・・・)などと、一緒に、ささやかな楽しみも必要。

ローカルっ子たちは、日没後、わらわらと繰り出します。

しかし、いったいどこへ・・・?

暗くなってくると、カキ・リマ(5本足)と呼ばれる屋台が、どこからともなく出没、出店をはじめますが、それらがたくさん集まって、ちょっとした夜店状態になる所があります。

これをセンゴール・マラムと言いますが、まあ夜の市場、みたいな感じです。ウブド近郊でこのセンゴールの有名なところは、ギャニアールですね。ここは規模も大きいです。

さてさて、こういうところに、みんな繰り出すわけですね。

夕方のマンディ(お風呂)を済ませ、食事を兼ねて行くもよし、出店を冷やかしにいくもよし。




衣類の販売も多数。フリマ状態ですね。ユーズドもあるし、新品もありますが、いずれもめちゃくちゃ安いです。値切り倒すのがお約束ですよ!!

IMG_4479.jpg

おもちゃ屋さん発見!!子供が一目散です・・・。

IMG_4480.jpg

接写してみました。この、カラフルなおもちゃを満載したバイクそのものが、とってもキッチュなんです。
この「おもちゃ満載バイク」をミニチュアにしたおもちゃが欲しい~~!!

いまどき、日本の100均でも、もっとクオリティのいいものを売っていそうです。さすがインドネシア。中々一万ルピア(約100円)以下に値切れません。

IMG_4489.jpg

食べ物の屋台がずら~り。
いいですねえ、アジアですねえ。
この白熱灯がぶら下がった質素な店構え。湯気が立ち、地面がぬかるみ、旅人の郷愁をそそります。

って、私が旅人なワケではないのですが・・・
こういう、屋台こそアジアを旅する醍醐味だ!!と、若い頃はタイやらマレーシアやらシンガポールに行っても、屋台ばっかり行ってました。

IMG_4477.jpg

かばんやら、帽子やら下着やら、果てはVCDを売るお店も。
何でもあります。
カオスです。混沌です。

IMG_4478.jpg

子供たちを連れて、これらの屋台でバッソ(肉団子汁)やブブール・アヤム(鶏粥)、サテ・カンビン(ヤギ肉の串焼き)など軽い食事をしたり、エス・チャンプールエス・テレールやチェンドルなどの甘いデザートを食べたり、果物ジュースを買ったり。

IMG_4490.jpg

IMG_4484.jpg

で、最後はお約束のお土産「ピサン・ゴレン」を屋台で5,000ルピアほど買って、早々に家路につきます。
子供はすぐに眠くなりますからね~

IMG_4498.jpg

んで、こういうゴレンガン(天ぷらみたいなもんです)をつまみながら、家族でTVを見ながら寛ぐワケですよ。
女性陣は、お供え物を作りながら。

ちなみに、このゴレンガン、ピサン・ゴレンのほかに、さつま芋の天ぷら、豆腐の中に野菜が入ったタフ・イシ、ルンピア(お好み焼きを団子状に揚げたもの)、テンペ揚げなどあって、揚げたてはサクサクしてとってもおいしいんですよ!お試しあれ♪

こういうのが普段の私、本来のバリ人チックな夜のすごし方。とことんチープです。

ちなみに、写真のセンゴールの場所は、うちからまず、トゥボンカンのプルタミナ(ガソリンスタンド)のほうに行き、そのGSのT字路を右折して、サヤン方面に。わずか20メートルほどでこの賑やかな場所にいきあたります。昼間は地元のローカル・スーパーの駐車場ですが、夜はこのとおり、毎晩のように賑わっております(^^)

以前、このブログでご紹介したおいしいと大評判の「イカン(アヤム)・バカール パッ・ニョマン」に行くまでの道沿いです。
スポンサーサイト



ダヤ・プティ・ヨガ開催中!

1月中盤から2月にかけてのPRASANTIは、比較的長期のお客様で賑わいました。

リピーターのお客様も来て下さり、初めての方々も居て、せっかくなので、皆さんご一緒に、「べ・トゥトゥ・ディナー」を開催しました。みなさん、すぐに打ち解けて、楽しいひと時でした♪

宿泊先で泊まり合わせた人たちと一緒に食卓を囲んで、お酒を酌み交わす・・・それも旅行の醍醐味の一つですよね♪

一人でゆっくりとリラックスするもよし、たまには見知らぬ人同士で交流するのもよし・・・

どんな旅のスタイルであれ、最大限に寛いで頂けたら、と思っております。

さて、このところ、「ワルン・アラミー」のオーガニック・マーケットで、とってもおいしい野菜を購入。
生食用に購入していますが、ここでは水菜やゴボウ、三つ葉やおいしい大根、ししとう、など、日本の野菜が買えるのが大きな魅力。



こ~んな瑞々しい野菜たち。美味しいんですよ、これが。朝食にお出しします。


さて、以前もここで、そしてホームページの方でも告知しましたが、現在、日本人女性のkanaさんが、「ダヤ・プティ・ヨガ」を、午前中にプラサンティ3階でやっておられます。

Daya Putih

初心者の方でも問題なく、分かりやすく教えて下さいます。

呼吸を大切にしながら、手首や足首をゆっくり丁寧にほぐし、徐々にダイナミックな動きへと・・・
IMG_4260.jpg
IMG_4262.jpg
IMG_4265.jpg
IMG_4271.jpg

その後、「太陽礼拝」を繰り返し行います。

IMG_4274.jpg
様々な呼吸法やエクササイズ、瞑想によって、心身のバランス、自然治癒力、免疫力を活性化させ、内なる美しさや強さを引き出しましょう。

本当に分かりやすく丁寧に指導してくださいますので、初心者の方にこそ、どんどん参加して頂きたいな~、と思います。

お問い合わせはPRASANTI(電話:081-337266955)もしくは、kanaさん現地携帯:0878-60630124まで。


さてさて、そんなPRASANTIですが、現在、性懲りもなくうちの子どもたちが「カラーヒヨコ」を飼育中・・・

私も幼いころ、3回くらいせがみ倒して買ってもらって、結局死なせてしまった記憶があるのですが・・・

hiyo2.jpg


hiyo1.jpg

なんだか、とっても元気に育っています。
バリでは、このまま大きく育つのではないかと思います。

しかし、色がほんとに鮮やかで・・・(汗)

カワイイですよね。もう少し経ったら色が落ちてくると思われます。






トリップアドバイザー







続きを読む »

スパ・サンティカ~サリ・オーガニック道~

さて、先日ご紹介した「サリ・オーガニック」に行く道の途中に、プネスタナンが本店のスパ「CANTIKA サンティカ」が新たにオープンした事もお伝えしました。
(ちなみに、チャンティカ、ではなく、サンティカ、だそうです)

あれから、友人と何回も通い詰め、すっかりサンティカ・ファンになってしまいましたよ~!

まず、トリートメントが非常に丁寧で、上手い!!値段(ボディマッサージ一時間10万ルピア、フェイシャル一時間7万5千ルピア、など)の倍以上の値打ちあり、です。
現在、値段が上がっています。全てプラス2万5千ルピアずつ値上がりになっておりました。

ボディマッサージも、バリニーズ・マッサージに、肘を使うロミロミなどをミックスさせた、非常に気持ちの良いマッサージ、フェイシャルは、頭・デコルテは言うに及ばず、パック時に足先のマッサージまでしてくれて、昇天してしまいました。


IMG_4246.jpg

一番、田んぼ側に突き出した、クリーム・バスとフット・マッサージ専用の建物。
心地よい風が吹き抜け、用水路のせせらぎをBGMに、素晴らしい景色をボンヤリ眺めながらの至福のひと時ですよ~

IMG_4247.jpg

下はボディ・トリートメント用の建物。
いくら田んぼのど真ん中とはいえ、ここは四方を壁に囲まれております。
しかし、壁1枚外は、田んぼ・田圃・たんぼ・・・気持ち良いことには変わりありません。
風、光、音・・・・リラクゼーション効果の高いお部屋です。
室内も、清潔で広いですよ♪

IMG_4248.jpg
IMG_4249.jpg

↑トリートメント後に出される飲み物・・・柑橘系のお茶のような、とっておナチュラルでおいしい飲み物です。
バリのお供え物である、「ティパット」と呼ばれる椰子の葉で編まれた飾りが入っています♪

さて、このスパ「サンティカ」の最高のセールスポイントは、マッサージ技術もさることながら、そしてそのロケーションの素晴らしさももちろん、実はそのスパ・プロダクト(マッサージオイル、フェイシャルコスメ、シャンプー、クリームバスに使われるクリーム等など)に有ります。

全ての製品をオーナーのイブ・ジャシーが自宅で、自身で作っており、バリ人の家庭にならどこでも植えている薬草や花を使ってオイルを精製し、100%ナチュラルな成分の石鹸とブレンドしてシャンプーも作っています。

フェイシャルをした時に感じたのですが、とてもいい香り、なんです。
「たべものの におい だ」と感じたのですが、お米や、根菜、葉っぱ・・・決して強くは無いのですが、どこかで嗅いだ事のある、そして食べれる物の香りがふ~っと漂ってきて、それが非常に心地よかったです。

聞けばとっても丁寧に成分の事を教えてくれますよ。

そして、女性が大好きな「クリームバス 頭のマッサージ」の時には、あのお馴染のクリームはもちろんのこと、最初にシャンプーをして、そのあと、まず、生の「アロエ」の果肉をふんだんに使って、頭皮をほぐしてくれるのです。そのあとに生のアヴォガドクリームをたっぷり使って、充実の頭皮マッサージ・・・。忘我の境地とはこのことかと・・・

シャンプーがこれまたすぐれもので、洗髪用シャンプーなのですが(しかも薬品を一切使っていない)、シャンプー後の櫛通りがすごくいいのです!!!ほとんど100%のお客様がこのシャンプーを買っていくそうですが、私も購入しました(^^)私は石鹸シャンプーで洗髪した後に、このサンティカのシャンプーをトリートメント代わりに使っております。

完璧に自然に優しいもので、自分の髪も綺麗にしなやかになる。今後のエコライフ・地球ライフには欠かせないですねっ!!!

1日にわずかな量のエッセンシャルオイルしか精製できないとのことで、大量生産が出来ない製品ばかりですが、品質は太鼓判!!

IMG_4254.jpg
IMG_4256.jpg


今後、オーナーのイブ・ジャシーと共に、なにかコラボできないかと、考え中ですので、もしかしたら何らかの形でお客様に還元できるのではないかと・・・思っております。なんせ同じ村の婦人会仲間なので、プネスタナンの村おこしも兼ねて、なにか形にできるといいな、と思っております。

ウブドの名所:大人気の「サリ・オーガニック」

PRASANTIからウブド中心地に向かう道沿いに、「プラ・ダラム・ウブド」というお寺が有ります。

日替わりでバリ舞踊、ジェゴグ、ケチャなどの定期公演が行われているお寺ですが、その少し手前(チャンプアン橋側)の左側に、急な上り坂があります。その坂が、今やウブドの名所となっている、オーガニックハーブ園、オーガニック料理のレストラン「ボダッグ・マリア」などがある、「サリ・オーガニック」へと続く道の入り口です。
坂を上ってしばらくは、「一体どこに繋がってるんだろう・・・」と、ちょっと不安になるような、凸凹道、そして、狭い道幅なのに、結構バイクが行きかう細い道が続きますが、道なりに進んで行くと、やがて両側に田んぼが広がる農道に続きます。

IMG_4151.jpg

こんな道幅ですが、結構バイクが前からも後ろからも来ますので、注意して歩きましょう。

IMG_4153.jpg

わりとすぐの地点、向かって左側に、「チャンティカ」というスパが見えてきます。
この「チャンティカ」は、プラサンティがあるプネスタナンが本店で、このサリ・オーガニックの道沿いが3店舗目。
マッサージには定評があり、ナチュラル・プロダクトの香りと使い心地がとてもよい、と評判の、注目のスパです。
オーナーは、昔、チャンプアンにあった、ドイツ風料理の「ベガーズ・ブッシュ」の元オーナー夫人だった、イブ・ジャシー。フレンドリーで気さくな人柄で、多くの顧客から親しまれている、プネスタナン出身の女性です。

IMG_4152.jpg

まるで田園のど真ん中にトリートメントルームが有るような、開放的なロケーションで、思い切り身も心も癒されそう。
「チャンティカ」のスパ予約は、プラサンティでも受け付けておりますので、気軽にお申し込み下さいませ。お送りいたします♪ボディ・マッサージ一時間7万ルピア~、と、お値段もリーズナブル♪


IMG_4156.jpg

さてさて、どんどん、このような「あああ、これがバリよね、ウブドよね~♪」という景色が続きます。
白鷺がこんなにたくさん飛んできます。
うちのうらの田んぼにも、白鷺がよく飛んできますが、とても優雅な鳥で、見ていると飽きないんですよね。

IMG_4154.jpg

またまた、左手に、これは昔からある、小さなギャラリーが。展示即売店ですので、冷やかしてみるのもおもしろいかと。

IMG_4167.jpg

田んぼに椰子の木。
これぞウブドを代表する景色です。
こんなのが、延々と、堪能できるお散歩コース。中々ありません。

IMG_4159.jpg
IMG_4160.jpg

またまた左手に、マスク(仮面)屋さんが出来ていましたよ。
今後も、なにかこういうお店が増えてくるのでしょうか・・・

IMG_4165.jpg

思わず、踊りだしたくなっちゃうような、素敵な風景、なんでしょうか。

IMG_4166.jpg
IMG_4170.jpg

さて、このバレ・クルクルにたどり着いたら、サリ・オーガニックまでもう一息!ちょうどここから、レストランの赤いとんがり屋根も見えてきます。

IMG_4173.jpg

さて、この「サリ・オーガニック」、イスラエル人の男性と、バリ人の女性のご夫婦がやっていらっしゃるのですが、ここ3,4年の間に、とても有名な場所になってしまい、今ではひっきりなしに観光客が歩いて、またはバイクで訪れるようになりました。
とはいえ、この農道は、れっきとしたバリ人の「スバック」という水利機構の管理のもとに運営されている、バリ人の為の道でもあります。もちろん、農作業のために使われる道なのですが、観光客の増加に伴い、ゴミの問題が浮上、今では道沿いに何か所も、ゴミ箱が設置されており、ついついやってしまいがちな「ポイ捨て」抑制になっています。

IMG_4171.jpg

さ、ようやくレストラン「ボダッグ・マリア」の看板前に到着。
ここまで、ゆっくり歩いて15分ほどでしょうか。ちょうどいい散歩道です。

IMG_4176.jpg
IMG_4178.jpg
IMG_4180.jpg

レストランの周りは、オーガニックの野菜、花、などの植物が沢山植えられており、レストランで使用されます。

IMG_4179.jpg

小ぶりですが、とても可憐で美しいバラの花。
生き生きとしています。

続きを読む »

おいしいメキシカン

ここのところ、ウブドで話題になっている、美味しいと評判のメキシカン料理のレストランをさくっとご紹介。

場所は、王宮から南に下って行き、テガル・サリを通りすぎて、影武者に行く手前のS字カーブの所、向かって右側にあります。

豆類・野菜類を摂りたい時、よくメキシカンを思い浮かべるのですが、正直、メキシコ料理を「おいしいっ!!」と思って食べた事がなかったんですが・・・

ここは、美味しいな、と思いましたよ!さすがに毎日、お客さんでにぎわっているだけのことは有ります♪



タコ・サラダ。ボリューム満点です。ドレッシングも美味しくて、シェアして食べるのにもってこい♪今日は「エビ」をチョイス。ベジ、チキン、シュリンプをチョイスできます。
お皿部分のタコスもバリバリと食べちゃいましょう♪

IMG_4071.jpg

店の外観です。手前に、狭いですが車やバイクを停めるスペース有り。

IMG_4070.jpg

清潔なオープンキッチンで、スタッフがきびきび働いている様子が見れます。

IMG_4066.jpg

なんとなくですが、メキシコ料理にはビール!って思いこんでます。この時は夕方のハッピーアワー時に行ったので、ビールが半額だったのも、大きい・・・
出来れば日中の、かーっと暑い中、ビーチエリアなんかで食べたい&飲みたい、そんなイメージです。

IMG_4069.jpg
IMG_4068.jpg

どど~~ん、とチーズのかかった、え~となんだったっけ、名前?エンチラーダ?だっけ・・・これはチキンをチョイス。

つけあわせのソースを、ぜ~んぶつけて頂きました♪
おいちい♪

二人でこの分量でお腹いっぱい~~~!
お酒は飲んでもヘルシーに行きたい時に、ぴったりですよ♪

| ホーム |


 BLOG TOP