FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿を始めました。
http://prasanti.web.fc2.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ビンタンへの道のり②~曲がるポイント~

さて、前回ご紹介したビンタンへ歩いて行く道順。続きです。

「外国人村」風の小道を進んでいくと、至る所にこういう、「土地売ります」看板が・・・
プネスタナンの田園はここ数年、欧米人に人気のエリアで、土地価格がどんどん高騰しているとか・・・

IMG_4790.jpg

細い農道(でもセメントで固めてあり、歩きやすい道になっています)を進むと、一風変わったヴィラが見えてきます。

ここはかなり目立ちますので、目印に丁度よいかと・・・

外国人所有のヴィラなのですが、二階部分に、でっかい「蜘蛛」が張り付いております。

IMG_4791.jpg

んでもって、門は黄緑色、そして、画像では見えませんが、一階部分の壁は、「シマウマ柄」になっており、なんとも奇妙な外観・・・

IMG_4792.jpg

そこを通り過ぎてしばらく行くと・・・

IMG_4794.jpg

欧米人村の、端っこ、といった風情のギャラリー兼宿が見えてきます。「SANTRA PUTRA ギャラリー&ホームステイ」の看板が出ていますので、これを目印に・・・

IMG_4795.jpg

その「SANTRA PUTRA」の手前は、今まで通ってきた道の右側の崖下に流れる川を渡る、三差路になっており、「ビンタン・スーパー」へは、この三差路を右側に進みます。

IMG_4796.jpg

両側を壁に挟まれた細い道を行きます。

IMG_4799.jpg

しばらく進むと、木の小枝を上手く使って壁に仕立てた所に行きあたります。行き止まりに見えますが、左にカーブしていますので、そこを道なりに・・・

IMG_4800.jpg

道の切れ目、正面に見えるグレーの大きな壁が、「ビンタン・スーパー」の壁です。
丁度裏手に出てきました!これを右側に、壁に沿って進んでいきます。

IMG_4802.jpg

細い急な階段、その向こうはもう、チャンプアンの大通り、車やバイクが通るメインストリートです。
一度この階段を下り、歩道に出ます。すでにビンタンの敷地のすぐ隣に出てきます。
道路から、ビンタンの駐車場へと上がる階段があるので、そこを上がれば、もう到着!

IMG_4805.jpg

お散歩後の水分補給と休憩♪
ビンタン横のワルンで、ブレイク。スマンカ(スイカ)とメロンのジュース。

IMG_4804.jpg


さて、帰りは、もと来た道を戻って行くだけですが、一番最初の迷いそうな道、これは右側を行って下さいね。
そうすれば、また絶景農道に戻ります♪

IMG_4807.jpg


さてさて、いかがですか?中々楽しい道ですよ!

うちの宿から歩けば、結構いい運動になります。バイクで行けるとこまで行くと、農道だけなら正味、ビンタンまで10~15分程度の歩き道です。

スポンサーサイト



プネスタナンからビンタンへ・徒歩で行く!

皆様こんにちは。

我がプラサンティがある場所は、ウブドはサヤン村の、プネスタナン・クロッドという集落になります。

プネスタン、実は私は結婚するまでこの集落に足を踏み入れたことが無く、今もって村の自分ちの周辺、村のお寺、よく行くお店、以外に何がどこに在るのか、全く知りません。

よく、「プネスタナンは、外国人がたくさん住んでいますよね」とか「プネスタナンって、パワースポットが有るんでしょう?」とか聞かれますが、外国人など、欧米人観光客が歩いてるのを時々みかけるくらい。住んでいる人なんて、全然知り合いません。パワースポットに至っては、それはもしかして、わんさとある「田んぼ」のことなのか?というくらい。

プネスタナンは二つに分かれており、我が「プネスタナン・クロッド」は、アントニオ・ブランコ・ミュージアム横の坂を上がり、ムヌット~ワルン・アラミーを通り、ルマ・パキールやルナ・ゲストハウス、スパ・サンティカ、あのあたりの田んぼ一帯(ビスマやモンキーフォレスト近くあたりまで)、そして我がプラサンティのある、村の中心・バレ・バンジャ-ル、プラ・ダラムの一帯を指します。

対して「プネスタナン・カジャ」は、プネスタナンの大通りを挟んで、反対側の田んぼ、つまりムラティ・コテージや、数々のゲストハウスがあるあたり、車の通れる大通りを挟んで北側がそうです。
プラサンティ近くのバレ・バンジャールから、北側の道を行くと、「プネスタナン・カジャ」集落があります。

元は一緒だったのでしょうが、今は二つに分かれており、三つのプラ・ダディアは共有していますが、合同ガベン(葬式)なども別々に行われます。

ちなみに、プラサンティ所有の田んぼは、プネスタナン・クロッドの田園地帯の奥の奥にございまして、ほとんど「猿森」に近いとか・・・実はワタクシ、今までに一度も行ったことがないのです。

前置きが長くなりましたが、今日は子供たちが夏休み(?)で、暇と体力をもてあましておるようなので、「じゃあ、ビンタンまで歩いてチョコレートを買いに行こう!!」ということに。
(これ、チョコレートを買いに、というところがポイントです。それが無かったら子供たち、絶対に行きませんから・・・)

うちからビンタンまでは、どっちみち田んぼの中を通って行くのですが、二つ入り口がある、という前情報。今回は「ワルン・アラミー前」から出発することに。帰りはプネスタナン・カジャの方から家に戻る(予定)。

ワルン・アラミーで子供達とプリンで腹ごしらえ、いざ出発です。

あ~~~初めて~~~!!!今まで一度も行ったことが無い、というのがワクワクします。

目印はワルン・アラミーを出て、道路を挟んだ向かい側

IMG_4698.jpg

この看板。この看板の横に、人が歩けるほどの細い道が続いています。

IMG_4699.jpg

こんな感じや

IMG_4700.jpg

こんな感じの、なかなか歩きやすくて気持ちのよい道が続きます。

時々、階段があるので、バイクは無理です。
いやしかし、こんなにたくさんのゲストハウスやレンタルハウスが有るとは!!
道理で歩いている欧米人観光客が多いはず。
この細い道沿いの両側には、びっしりとゲストハウスや、時々小さいギャラリーなどが立ち並んでいました。
知らんかった~、10年も住んでいるのに・・・

IMG_4701.jpg

西洋人が主催の、タイチ(太極拳?)の看板があったり、なんだかバリの田舎、というか、うちの村を歩いているという気がしません。

IMG_4702.jpg

時々、チャンプアンの見事な遠景が見えて、

IMG_4703.jpg

こんな朝顔の群生に見とれたりしながら、テクテクと歩は進みます。

IMG_4706.jpg

すると、突然、このような看板が見える三叉路に行き当たります。
なんか、外国みたいですよ。ちょっと「オサレ」な香りがします。


IMG_4705.jpg

色んなインフォメーションが沢山掲示されています。

IMG_4704.jpg

今通ってきた道を反対側から見たところ。
ここにもこんなお洒落な(?)看板が。

IMG_4707.jpg

このお洒落な感じの道はいったい、どこの欧米人(日本人的趣味ではナイ)が作ったのかしらん?と思っていると・・・

IMG_4709.jpg

人気の有るヨガ・スタジオ「INTUITIVE FLOW」の看板が。
ここは、私、来たことがございます(もうひとつの入り口から。バイクで行けます)。できれば継続して行きたいヨガ・スタジオなのですが、しばらく来ない間にこんなに色んなものが出来ているとは・・・道も変わっちゃって、全然わかりませんでした。

IMG_4710.jpg

このようなバリならではのジャングル+田んぼの景色を眺めながら歩き、子供達もテンションMAX。
片側が結構な高さの崖になっているので、小さなお子さんは注意!ですよ。
私も、4歳児に「気ィつけや!!落ちたら死ぬで。ママ助けに行かれへんからな!!」と叱咤しながら、歩き続けます。正午です。結構暑いです。でも、乾季のカラッとした気候なので、まだ大丈夫。

IMG_4711.jpg

こんなところに突然出現したら、絶対入ってしまうであろう、素敵系カフェあり(WIFIオッケー)。昔ここでアーモンドオーレ飲んだことあります。バリでは中々、ないメニューです。

IMG_4712.jpg

IMG_4713.jpg

これでもか、の素敵な景色を見ながら、それにしても、めちゃくちゃ多い、VILLA!!外国人が建てたであろう、ヴィラが延々と続きます。まさに外国人村・・・

ヨガ・リトリート@ワカ・デ・ウマ

ヨガ・リトリートのお知らせ。

6月5日~11日@ワカ・デ・ウマ・ウブド・リゾートアンドスパ

●7:30~10:00 モーニングクラス(メディテーション・プラーナーヤーマ・アーサナ)

●10:30~12:00 ローフード、ビーガン、ベジタリアン、マクロビオティックシェフ、Sayuriさんによる、ブランチ。

●16:00~18:00 アフタヌーンクラス or Sayuriさんによるクッキングクラス

ヨガ講師は、世界各国でWSやTTCを開催している、スペイン人のSebastian氏、関西にてヨガ指導を行っている、Norikoさん。

Drop in
Yoga class only : $25/ Day
include blunch : $35/ Day



また、日本でも8月にヨガ・リトリートを開催されるそうです。

ヨガ・リトリートat金胎寺2011

2011.8.26~28

詳細は↓↓

京都おぶぶ茶苑


この、金胎時、っていう場所に、非常に興味が有る~。


シンギングボウルによる音波ヒーリング体験。

先日、サウンド・ヒーリングというものを体験した。

この年になって初体験できることが、まだまだ有る事が有難い。

サウンド・ヒーリングは、銅鑼や梵鐘の音を聞いたり、専用の体感型スピーカーを使って体に重低音の刺激を与えたりするところに特徴がある。

100ヘルツ以下の重低音には振動マッサージ効果があり、精神の安定や腰痛、膝痛、肩こりの緩和を目的として、この療法を採用している健康サロンもある。

ということで(ウィキペディア参照)、実は、ご宿泊のお客様が、シンギングボウルを使った、この音波ヒーリングセラピーをやっていらっしゃって、今回、身体の不調を訴えていた私に、施術してくださった。

音波ヒーリングには色んな方法があるようだが、ウブドには、このシンギングボウルを使ったヒーリングセラピーを行っているところが一か所ある。プンゴセカンの、テガル・サリ、グリーンフィールド入口近くの
ライト・スピリット
がそうだ。(ライト・スピリット文字をクリックでウェブサイトへGO)



さて、体調不良と言っても、人間、この年になると色んなガタがくるのは当然だし、まあ、体も歪んでいるだろうし、疲れがたまっている、いつものことかな、程度の認識度。

ただ、何年か前から、変な場所が時々痛かったり、というのを、いつも教えて戴いているヨガのマキコ先生や、以前、プネスタナンに住んでいた友人で、マッサージをする方に、訴えたりしていた。

身体が年々固くなって、特に背中・肩はいつもパンパンに詰まっている感じ。

で、今回、初・音波ヒーリング。

最初に、人によって入り方はさまざまらしいのだが、今回の場合は、「オラクル・カード」というのを使って、最初の診断(?)。
私は一切、自分についてのなんの情報も伝えない。ただカードを切っただけ。

すると、どうやらなんだか、自分をもう少し労ってあげないとだめ、というメッセージが来たよう。
第3のチャクラが詰まって(?)、あるいは開いてない状態。もう少し自分を楽にしてあげる状況や周囲を作れるよう心がける、主に対人関係におけるストレスを抱え込まないよう、自分を快適にするように心がける、といったことかしらん。

第3番目・・・!!これはお腹に有るチャクラで、ここ最近、なんだか不安を抱えている胃・腸と対応しているのではないか!?

ヨガのときも、いっつも張ってるよ~~~~!と指摘される場所・・・

ふ~む。

その後、ベッドに移動して、最初はうつぶせに寝る。背なかのあたりにタオルを置き、その上にシンギングボウルをセットし、あとは施術者の方がボウルを打ち鳴らしていく。

私の体の、適宜な場所に、合計3個のシンギングボウルを置き、どんどん音を鳴らしていく。

いや~、なんとも不思議な体感。私はお寺(仏閣の方)の鐘の音を連想していたが、その、響きが直接身体に響いてくる!
どんなに精巧な技術でもってしても、人間の手ではこの微妙で絶妙なバイブレーションは、長時間作り出せない。

今までに体感した事のない、身体の中に音が響き続ける感覚と、直接耳に入ってくる、鐘(シンギングボウル)の音。

正直な話、私、いままであんまりヒーリング●●、というものに、さほど興味がなかった。
占いも、興味が無くもないが、わざわざそれを探して遠いところまで行く、というのも面倒だし・・・

せいぜい、マッサージをしに行くくらい。

そういう、ヒーリング系のことは、自分に必要であって、縁があったらきっと機会がやってくるだろう、という位な感じで。

それが、今回、なんだかトントントン、と、そういう機会に恵まれた感が有る。

なんでもない事なんだけど、普段とちょっと違う出来ごとの積み重ねで、今、こうやって音波ヒーリングを受けている自分が居る、という。

裏側が終わって、仰向けになって程なく、眠ってしまった・・・・

正直、自分は寝ないだろう、という変な自負(?)があったのだが、正体もなく眠りこけた・・・

完全に意識がなくなるのではなく、ヨガで言う所のシャバアーサナに深く深く入った時のような。

自分で努力しないでこの状態に入れるとは、それだけでとてもラッキー。

終わったのも気づいていたが、身体がまだ覚醒したがっていない。

しばらくそのまま横たわる死体状態。

いや~、すごく深いリラックス状態に入っていた。ここ何年もこんなにリラックスしていなかったなあ・・・


その後、上記の友人が、ちょっとほぐしてあげましょう、と言って、マッサージを施してくれた。

この、友人もすごいんです。

所謂、治療系のマッサージが出来る人なんだが、的確に、ぐいぐいぐいっ!!と、私の痛んでる部分を圧してくる。

なんでそんなに的確に押せるの?と言う感じで、あ~ここ詰まってる、あ~ここ張ってる、原因は多分●●●・・・

そこで指摘されたのが、「過去に歯の矯正してました?」
はい、成人してからしてました~。でも、途中で地震があって、中断してしまって完了してません~~

「多分、歯のかみ合わせが悪くて、顔にすごい歪みがきてる。それでもって、頭・首・肩のリンパが詰まってる。目が悪いのもあるだろうけど、今までの詰まりで、特に右半身、パンパンよ。その右をカバーしようとして左の足先まできてる」

・・・・・お説ごもっとも。今まで、自分でも顔のゆがみに気付いていたけど、他人から指摘された事はなかったので、特に気にせず放っておいた。

下からきた身体のゆがみだと思っていたけど、そうか、上の方から歪んでいったのかもしれない・・・

そこで、右側をぐいいいっ!!と元の場所に戻す位なマッサージをしてもらって、その日終了。

特に顔、自分で分かるくらい、頬のゆがみが取れている。

しかし、長年かけて歪んできたもの、放っておくとすぐに元の位置、元のゆがみに戻ってしまうから、これからはまた長年かけて、ゆがみを取って行くよう、生活習慣から心がけなければならない。

翌日は、案の定、正しい位置に戻った右側が、歪んでる状態に慣れてる左側と不協和音。
でも、これだけ歪んでたのかと思うと、びっくりだ。

このことをヨガの先生に報告したくて、いつも中々行けないヨガ・バーンのクラスに久しぶりに行く。

と、マキコ先生が「あ。今日、あずささんのこと考えてた」と。

うふふ。私の声が聞えたのかな?

その日のヨガは、いつもより身体がよく開いた気がする。

今。気づきかけてる何かを、このまま継続させていきたい、と思う。

| ホーム |


 BLOG TOP