FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿をやっています。
http://prasanti.web.fc2.com

※ブログ内の記事の無断転載・コピーを固くお断りさせて頂きます。引用される場合は必ずお知らせください※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2012年の年末・年始、キャンセル出ました!

さてさて、11月も後半戦、ほんとに早いもので、もうすぐ12月!

年末・年始と言えばバリ島は観光客のピーク・シーズンです。

PRASANTIは、12月20日~翌年1月15日は、通常料金のみの営業とさせて戴きます。長期滞在料金も、この期間は適用されません。申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。

さて、予約の状況ですが、まだまだ空いております!今からでも、まだ間に合います!ぜひお問い合わせくださいませ!

NO.1のお部屋が、来年1月8日まで予約が入っておりましたが、12月22日以降、キャンセルが出ました!年末年始、通してご滞在予定の方、ぜひ!!!NO.1 : 1名様20万ルピア、2名様25万ルピア(朝食・1日1往復のUBUD送迎込)

ぜひ、ゆっくりとした年末年始を、PRASANTIで。

P1010239.jpg
スポンサーサイト



UBUDの和食③ 居酒屋Warung Sovia@Penestanan

 私がお勧めするUBUDで和食の三店舗目、ご存知、「SOVIA」。

 PRASANTIがある、PENESTANAN村の日本風居酒屋、Warung Soviaは、日本人の女将さんがバリのご家族と一緒に切り盛りする、人気のお店。
 オープンは午後3時からですが、ここはひとつ、居酒屋の雰囲気満点の、夜営業時間をご紹介いたしましょう。

P1010217.jpg


 
平日もご飯時は欧米人や観光客、そして在住の邦人で賑わうソフィア。以前は向かって右側、半分のハコで営業でしたが、左側に拡張してお座敷席も広々。
 ここにも日本語の書籍、漫画がたくさん置いてあり、在住者や長期滞在者、長く日本を離れている人たちの憩いの場でもあります。

P1010220.jpg

 
さて、居酒屋、というからには、ここはおいしい地酒の飲めるワルンとしても有名です。
 インドネシアはアルコール類のお値段が高く、特に海外産のアルコール類なんて、高すぎてほとんど手が出ない在住ののん兵衛さんたちには、ソフィアの美味しくて、そしてリーズナブルなお値段のアラックは、ほんとに有りがたい存在。
写真の白い飲み物は、「ブラム」という、ライス・ワイン。お米を発酵させた飲み物で、どぶろく、のような感じかな?
韓国の「マッコリ」とも似ています。
これは甘くて、アルコール度数も低いので、女性でも安心してガンガン飲めます(笑)

ブラム 10,000ルピア
揚げだしナス 15,000ルピア
お酒には日替わりのアテがつきます。

P1010218.jpg

 昨今、違法アラック販売で、メチルアルコール入りのアラックを飲んだ観光客が死亡するなど、安心して地酒が飲めないような事件が多く、お酒は飲みたいけど、変なとこでは飲みたくない。
その点、ソフィアなら、オーナー自ら、買い付けに行っているので安心。そしてここのアラックは美味しい!

アラック 12,000ルピア
アラック・ブラム 12,000ルピア
ソルティー・アラック・ブラム 12,000ルピア
他にも、
アラック・ジンジャー・レモン 15,000ルピア
アラック・ストロベリー 18,000ルピア
アラックお湯割り、プラス梅干し 20,000ルピア、なんてのも出来ちゃいます!
他にも色々有るので、是非お試しください。
このお値段で、ちょっとよそでは飲めませんよ、こんな美味しいアラック。


P1010221.jpg

飲み処、食べ処で有名なのは、やはりそのお料理が美味しいから。
ソフィアの日替わりメニューの
マーボ豆腐 23,000ルピア。豆板醤が効いてて美味しい。


P1010290.jpg

これも日替わりメニューの、タヌキうどん 18,000ルピア。小腹が空いたとき、飲んだ後の〆にちょうどいいサイズ。

P1010292.jpg

忘れてならないのは、ソフィアの特製ポーク・カレー。
市販のルーを使わず、スパイスを調合して、オーナーの旦那様が何回も試行錯誤して出来たというレシピ、本当に美味しい。
これは名物人気メニューなので、売り切れの事も多々ありますぞ。
ポーク・カレー 29,000ルピア

P1010291.jpg

そして、ソフィアには、美味しい「豚まん」まで有るのですよ。こちらで「バッパオ」と呼ばれる、豚肉の肉まん、中華系インドネシアンが作っているので、味は本格的。
Ba Pao 12,000ルピア
冷凍ののままテイクアウトも出来ますので、お持ち帰りする人も多い!
野菜まんも有ります。

P1010293.jpg

「バッパオ」の中はこんな感じ。ジューシーなお肉が詰まっています♪

 さて、居酒屋ソフィア、他にもまだまだ定番の名物お勧めメニューは沢山あります。

 女将さんがそのお母様から受け継いできた味を、インドネシアのバリ島で手に入る食材を使って、バリの家族に伝えていく。そんな女将さんの美味しいお料理、是非、お酒と共に味わって下さい。
 お店が落ち着いたら、経験豊かな女将さんのお話を聞きながら、時に日本の歌謡曲を聞きながら、ゆったりとした時間が過ごせる事も有ります。

 さて、以上3回連続でご紹介してきた、ウブドで食べられる和食。
食事は決して食べ物そのものだけでは無いですよね。お店の雰囲気、作り手のコンセプト、かかっているBGM、そしてその日の自分の体調、etc、、、、
いろんなものが重なり合って、「ああ幸せ」って思える食事が出来るものです。

 日本を長く離れて、ちょっとこっちの料理にお腹が疲れた時。
 懐かしい故郷の味が恋しくなった時。
 ダイレクトに病気の時。

 そんな時に、他ならぬ私が、高い頻度でお世話になっている和食屋さんをご紹介しました。

 これからウブドでちょっと長く滞在しようか、と思われている方に、きっと役立つと思います。
 覚えていて下さいね♪


ウブドの和食② 影武者@パダンテガル

 お勧め和食、第二弾は、ウブドに開店して21年の歴史を持つ、ウブドの日本食の先駆け、「影武者」。
 昨年、二十周年をお祝いし、私のバリ島での生活の、本当に色んな場面に「影武者」があったなあ、と感慨一入。

 私が初めてウブドに滞在するようになって、そろそろ和食が恋しくなってきた頃に、お世話になったのも「影武者」です。
 今から15,6年前の事ですが、その頃は「影武者」は、現在の場所ではなく、もう少し手前、道路沿いに有りました。蔵造り、というか、忍者屋敷、というか、そういう目を惹く怪しげ(?)な作りで、店内には囲炉裏も切ってあり、一歩足を踏み入れるとなんだかワクワクしたのを覚えています。

 もう少し道路より奥まった現在の場所に移って、早11年?以前の雰囲気とがらりと変わり、「和食ダイニング」といった趣で、女性一人でも入りやすい、明るい雰囲気になりました。

P1010206.jpg

 影武者には看板猫がたくさん居ます。
猫ちゃんに先導されて入って行きます。「影武者」の漢字の看板は、道路沿いに出ていますので、すぐに分かると思います。道路から東側の細い坂道を下って行くと、この入口に。

P1010212.jpg

 広々としたテーブル席。日本語の本もたくさん有ります。


P1010207.jpg

 そして、田んぼが見晴らせる、人気のお座敷席。座敷は3テーブル有ります。小さなお子さん連れはこちらが寛げます。

P1010210.jpg

 まるで日本のお店のような、この「今日のスペシャル」に並ぶメニュー。
 外国に居るのを忘れそうです。

P1010208.jpg

 お昼時に行くと、「定食メニュー」があり、お値段もお得になっています。ご飯、日替わり一品、メイン、お味噌汁がついて42,000ルピア。プラス、飲み物、玄米茶12,000ルピア。
 上の画像は、私の定番メニュー、「おろしカツ定食」。名古屋出身のオーナー自慢の味噌カツも美味しいのです。ここのカツは、お肉を丁寧に叩いているのか、柔らかくて、サクサクで、本当に美味。
 私はたっぷりのおろしと、レモンとお醤油で戴くここのおろしカツの大ファン。
おろしカツは、日本でも食べません。ここで食べる方が美味しい、と思うから(^^)

 バリに通いだした頃、日本で夜昼なく働きづめ、食は外食、出来合いのインスタントばかりだった私は、バリで影武者のご飯を戴くようになって、そして自分で料理をするようになって、初めて、和食のおいしさ、そして偉大さに気付きました。
 いかに、自分の舌が、化学調味料や不自然な味に慣れすぎていたか、そしてそれがどういう風に身体や健康に影響するか、考えるようになったのも、バリで試行錯誤して和食を作っている皆さんの姿を見たから、というのがきっかけになったと言えるでしょう。

 上の写真、見て下さい。
 美味しそうでしょう?(^^)
 丁寧に炊かれたご飯。丁寧に下拵えされ、丁寧に味付けされたお料理。

戴く度に、「心のこもったたべもの」ってこういうのだなあ、と思います。自然に感謝しながら、一粒も残さず食べよう、と思います。食べ物を戴く、って本当に貴重で、実は大変なことなんだなあ、と思うから。


P1010215.jpg

 デザートは、あずき寒天とバニラアイスクリームをダブルで(^^)
手作りの優しいお味。24,000ルピア(一つずつだと12,000ルピア)。これがまた、玄米茶によく合います(^^)

P1010214.jpg

 影武者には、人懐こい猫ちゃんがたくさん居ます。人慣れしていて、かなり近寄ってきます(^^)
 猫が苦手な人は、お店のスタッフに言えば、ちゃんと連れて行ってくれますので、御安心を。

定食は午後5時までですが、テイクアウト用のお弁当は、35,000ルピアで定食と同メニュー。

ランチにもディナーにも、ぴったりの和食ダイニング、「影武者」で充実のお食事を。

追記有り
↓↓↓



続きを読む »

UBUDの和食①Warung Alami@Penestanan

 今日から三回にわたり、私、おススメの和食屋さんを御紹介いたします。

 最近、バリ島・ウブドに長期で御滞在される方が増えております。
 もちろん、ここは異国ですし、日本に居る時と食事情が大きく異なります。が、ウブドにも、おいしい和食が食べられるレストランは、たくさんございます。
 
 その中でも、私がおススメするこの3店の一番のポイントは、
 ”ここで手に入る食材を使って、美味しく和食として食べられる点に、非常に気遣いをされている”という事です。

 長くこちらに住み続ける私達にとっては、ずーっと日本食材を使い続ける、ということは難しく、また、半分不可能であります。だからと言って、生まれ育った国の味を懐かしく思うのは、これは人間、仕方がございません。
心や体が弱っている時は、本当に「和食」が食べたくなります。

 そんな時に私が通うのが、こちらの3店。

 まず今日ご紹介するのは、うちからほど近い、「Warung Alami ワルン・アラミー」

P1010194.jpg

 こちらは毎週火曜の午前中に、オーガニック・マーケットを開催されており、遠方から出店・買い物に大勢の人が集うので、有名なレストランです。
 「手に入る材料で、自分の出来る限りの事を」というコンセプトの基に作りだされるお惣菜、デザート、ドリンク、そしてナチュラル・ソープや関連商品は、優しく身体に染み透っていきます。

P1010198.jpg

 日替わりのお惣菜メニュー、棚の上段が「meat&fish」9,000ルピア、下段が「vegetables&tofu」7,000ルピアのベジタリアン。


P1010202.jpg

ベジタリアン・メニューのコロッケは、定番メニューです。衣はカリッと揚がっていて、飽きないおいしさで人気メニューのひとつ。

P1010199.jpg

シソとレモンのさっぱり感が、この今の雨季の酷暑、夏バテの時に食べたいメニューですね。

P1010284.jpg

好きなお惣菜を好きなだけチョイスして、ご飯は「白いご飯」(7,000ルピア)か、「ブラウン・ライス、玄米ご飯」(9,000ルピア)どちらか選べます。

上のメニューは、玄米ご飯(9,000ルピア)、海老とキャベツの好み焼き(半分、4,500ルピア)、いわしのグリル・トマトソース添え(9,000ルピア)、白菜といんげんのカレー炒め(7,000ルピア)、お味噌汁(9,000ルピア)
合計38,500ルピア。

P1010289.jpg

 手作りのデザート(プリン、バニラorオグラ アイスクリーム、チーズケーキ・・・13,000ルピア~)も充実していますし、ドリンクも各種フレッシュジュース(12,000ルピア~)から、日本の厳選された茶畑の、安全な「やぶきた茶」「京都宇治茶」などのメニューも有ります。
FIFI完備ですので、カフェ使いもOK。

味付けは、素材の味の良さを活かしきった、優しい味付けです。そのままでも十分美味しいし、お醤油をほんの一滴、そこに垂らしてさらに味わう、私たち日本人の味覚にはぴったりのこのワルンで、心身ともに健やかな食生活を。
とにかく、私は調子が悪くなったら毎日通う、定番和食デリ。
テイクアウトもしやすく、5万ルピア以上の注文からは、デリバリーもしてくれます。

ウブドに長期滞在中の、お助けワルンになること間違いなしですよ!

| ホーム |


 BLOG TOP