FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿をやっています。
http://prasanti.web.fc2.com

※ブログ内の記事の無断転載・コピーを固くお断りさせて頂きます。引用される場合は必ずお知らせください※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

季節の分け目にて祈る。

今日は2017年の、春分ですね。

今日を起点に、また新たな何かが始まる、そんな分け目の日です。

バリ島では、今月28日のNyepi ニュピを前に、島じゅうが浄化の準備に追われ、またその1週間後に迫るガルンガンの準備も佳境に入る、そんな慌ただしい日々であります。

 さて、今年に入ってから、身の回りで訃報が相次ぎ、年が明けてまだ3カ月だというのに、お別ればかりでちょっと辛い日々です。

 年明け早々に、うちの宿のお客様でもあった方が、亡くなられたと知らせが入り、驚きでしばらくリアクションが取れませんでした。

 いつも明るくて、よく笑い、よく食べて、よく飲んで、楽しい方でした。びっくりするくらいバティックが上手で、宿のテラスでバティックにろう付けされていたのを、鮮明に覚えています。その横でシロが寝そべって、夕方の光線を浴びたその情景は、なんだか1枚の絵のようでした。

 わずか2年足らず前まで、一緒に飲んで、がはは、と笑っていたのに。
もう、あの笑顔が見れず、あの笑い声が聞けないのかと思うと、残念で、寂しくて、仕方ありません。
 心からご冥福を祈るとともに、今は身軽な身となって、好きだったバリの上空を旋回されているのではないのかなぁ、と、好きな所に好きなだけ飛んで行けているといいなぁ、と、そんな事を思っております。

 ご縁があって知り合う事が出来たお客様のご不幸を聞くのは、本当に辛いですが、残された私たちは、これからも、生きてゆかねばなりません。

Cさん、本当にどうも有難うございました。

17361094_1041323655967955_1501588016_n.jpg
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP