FC2ブログ

プロフィール

ぷらさん亭

Author:ぷらさん亭
バリ島で娘一人、息子一人、旦那とその両親+犬、猫、庭のジャングルにいる様々な動植物と一緒に暮らしています。
獅子座・A型

UBUDで宿を始めました。
http://prasanti.web.fc2.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

マキコ先生・あるいはマリカ先生のヨガ@PRASANTI

始まってもう一年以上になります。
毎週土曜日の夕方に、我が宿の3階にて、ヨガのレッスンがあります。

講師は、「マリカ先生」(本名・マキコ先生)。ウブドのヨガ・スタジオ「ヨガ・バーン」にて、週3クラスを受け持つ、唯一の日本人インストラクター。

ご縁あって、彼女に週一のヨガ・クラスをお願いして、気がつけば一年以上が経ちました。

ヨガ・スタジオでメンバーが毎回入れ替わり、スタンスもヨガ歴もばらばらな大勢でやるヨガではなく、出来ればある一定の期間、継続して一つのコンセプトの元で、出来るだけ同じメンバーで、どれだけ皆が変わっていけるか。皆で何かを積み上げていって、何かを作り上げていけるか。

また、スタジオでは短時間で、次々ポーズを取りながら授業を流していかざるを得ないのですが、そうではなく、本当に丁寧に、ひとつのポーズに「入る前」の動作をひとつひとつ学んでいく。

そういう、時間も労力もかかるヨガのレッスンをどこかで出来ないものか。という夢のような条件で無理な事をマキコ先生にお願いしている次第です。本来はプライベート・レッスン並みの料金がかかるはずの授業。

上記のような条件だと、必然的に、メンバーは長期滞在者、あるいは在住者が多くなるのですが、我が宿にお泊まり戴いたお客様や、または噂を聞いてドロップ・インでやってきて下さるお客様もその時々で加わります。

もちろん、PRASANTIにご宿泊のお客様には、マキコ先生による完全プライベート・レッスンのプログラムもご用意しております。

が、バリに住んでいて、または日本のスタジオ・ヨガでは、週に一度、前回やった事のさらにその積み上げを目指す、そういうヨガのレッスンは中々探せないと思うのです。

毎週土曜日、最少人数3人以上で午後3時から始まる、ヨガ・レッスン。
時間はきっちり3時から始まります。時間厳守。

ヨガ・マットを持っていなければ、前日までにマキコ先生に連絡して、用意して戴きます。
あとは、それぞれの個人に必要なもの、たとえば腰や膝に痛みのある人はクッションや毛布の代わりになるもの、サロン、などを各自持参します。

PB050084.jpg

マキコ先生は大阪出身の、明るい女性です。私と喋るときは関西弁炸裂ですが、日本人以外の生徒さんが混じるときは英語も取り交ぜて、指導して下さいます。
余分なものが全くない、スレンダー・ボディのマキコ先生ですが、彼女がヨガを始めたのは、おしゃれなヨガ・スタジオではなく、それこそ先生が棒を持って見張っていて、びしばし叩かれる、「道場」のようなところだったそうです。「ヨガ・ウエア」なんてものではなく、レオタードにタイツで、とにかく体の線をびっちり見えるような格好で、しごかれたそうです。
一見、ストイックなマキコ先生、もちろん、いい加減な気持ちでヨガに向かうと、びしっと、その怠慢な姿勢について指摘されます(^^)
でも、それは、「出来ない」事について厳しいのではなく、間違った取り組み方をしてしまうと、「危ない」からなのです。

この土曜のクラスでは、参加者全員の、今週一杯の、体調・心理状態・症状・希望をマキコ先生が聞いていきます。
なぜか、参加者の多くが同じような不調を訴えたりする事が有り、それって一体どうしてなんだろう、一見、何の関係もないように見える因子でも、実は根っこの部分で繋がっているのではないか、などと皆で考えたり。

この、クラスが始まる前の皆との語らいの時間が、実は一番大切な時間なんじゃないか、と最近思っています。

PB050085.jpg
PB050088.jpg

今日は「オーム」のチャンティング(唱和)でクラスが始まります。
ヒンドゥー教の聖なる音、原初の音とも言われる「AOM」、ここ、バリに暮らす私たちもよく耳にする、もっとも短いマントラです。
毎回ではないですが、マキコ先生のクラスでは、色々なマントラを皆で唱和する事もよくやります。
人の事を気にするのではなく、思い切り声を出して、音のヴァイブレーションに身をゆだねる、気持ちのいい時間です。

PB050090.jpg
PB050089.jpg

前屈に入る前の段階を、細かくレクチャー。ひとつのポーズに入る前の動作を、正しく丁寧に教えてくれるのが、このクラスの特徴でもあります。中々ここまで丁寧に教えてくれる所はないのです。

足ののばし方ひとつ、つま先の向きひとつで、筋や筋肉の向きが変わり、その向き一つで、ポーズの意味が全く変わってくる。
なるべくここでは、みんなに正しいやり方でポーズに入って貰いたい。

マキコ先生がよく言います。

ポーズを決めるのが重要ではないですよ!ポーズが出来なくてもいい、出来る所まででいい。無理して痛みや歪みが生じる事の方がコワイので、正しいフォームで、出来る所まででストップ!

絶え間なく、マキコ先生の声が続きます。

PB050094.jpg

腕をまっすぐに上に挙げるだけでも、肘の向きや挙げ方の角度に皆個人差がある。
それは長年かけて作ってきたその人の「クセ」によるものなのか、なにか身体のどこかに不具合があってそうなのか。
痛みが有ったら痛くないように、でも正しい挙げ方で。
細かいです。深いです。

IMG_4920.jpg

これは、「割り座」といって、足を広げて正座する、前の段階をレクチャー。
「正座」も、正しく座るには、本当に細かく細かく、見て行って初めて「正座」することが出来るんですね。

PB050092.jpg

IMG_4921.jpg
IMG_4922.jpg

これ、一見難しそう・苦しそうですが、すごく気持ちのいいポーズです。
メンバーは女子が多いので、女子ならではのカラダの不調や症状にフォーカスしたポーズを、マキコ先生はよく教えてくれます。
もちろん、男子の皆さまがやってもいいポーズばかりですが、身体の造りや柔軟性の男女差も、マキコ先生はきっちり把握してそれぞれに出来るポーズを教えてくれますのでご安心を(^^)

IMG_4924.jpg
IMG_4925.jpg

さて、授業も半ばを過ぎて、初めて起き上がりました。
マキコ先生は、床を使って、寝転がったまま出来るポーズを沢山教えてくれます。
床を使っていると、普段、人類が二足歩行を始めて以来、いかに二本脚に負担をかけて生活しているか、実感できます。起きている時間の大半を、重力にさからって動いている訳です。そりゃあ長年の間に、身体に歪みも生じるというもの。

立ったまま同じ事をすると、とても疲れてしまいますが、床で背中を支えてもらうと、同じポーズでも楽に出来、しかも、身体の歪みを少なくする事が出来ます。楽に出来る分、今度は背骨を真っすぐする事にフォーカスするので、それはそれでまた大変なのですが・・・

上の画像では壁に向かって、前へ習え、をしていますが、これは「立木のポーズ」の前段階。
この後、完璧な立木のポーズをして、他にいくつか立ちポーズの勉強をしました。
ワタクシ、自分もやりながら写真を取っていたので、「キメ」の画像が無いのですが、お許しください・・・

やはり、立ちポーズはハードです。しかし、そこが自分のウィークポイントでもあるので、徐々に克服できたらな、と思います。

IMG_4923.jpg

さて。「ヨガ・バーン」に無くて、うちに有るもの。

それは、「壁」です。

マキコ先生がよく、「ここは壁があるから嬉しい!」と言うのですが、壁を使って出来るポーズというのも沢山あって、覚えておくと家で一人でも簡単に出来るのです。

壁や、サロン、クッションなどを使って、色んなポーズの練習が続きます。

PB050096.jpg

最後は「死体のポーズ」、シャバ・アーサナ。
全ての動きは、このシャバ・アーサナの為に有る、といわれる大切なポーズですが、毎回、眠ってしまうような、意識がどこかへ飛んでいってしまうような、そんな長い時間です(実際はごく数分。)

その後は再度、オーム・チャンティングでクラスは終了です。

基本的に一時間半、のはずですが、毎回、大体2時間以上、気がついたら3時間近くやっていた、なんてこともザラなこのクラス。
このヨガの後は、身体が非常に「開いた」感じで、翌日、軽く筋肉痛になることもしばしばです。特別無理な事はしていないはずなのに・・・

心身共に充実度が高く、参加者のメンバーからは、「なぜだか泣けて来て涙が止まらなかった」と言う声も多いです。
シンプルに身体を動かし続けているだけなのですが、身体とともに、心も開くようです。

「今までフィットネス・クラブのヨガには参加していたけど、こんなに丁寧なヨガは初めて。ハマりました」という方も多いです。

かと思うと、バリ島に、ウブドに、マキコ先生のクラスを受けるためだけに来られる方もいっらしゃいます。

私個人で言えば、好きな土地に住めて、自分の住んでいる所で、このようなヨガのクラスに参加できて、本当に恵まれていると日々感謝です。

是非PRASANTIで、ヨガに参加してみませんか?

毎週土曜
PRASANTI3階にて
ドロップ・イン ヨガマット持参の方5万5千ルピア、ヨガマット借りる方6万ルピア。
サロン、クッション、タオルなど持参下さい。
前日までに要予約。
予約:081-3372-66955 あずさ まで。

PB050086.jpg
関連記事
スポンサーサイト



<< まだ穴場かも!?ビンタン横の美味しいレストラン「ICA」 | ホーム | 自分とともに、バリで暮らすということ。 >>


コメント

羨ましい!

ザ・カフェの2階の頃からウブドに行くとヨガが楽しみです。もちろんこの頃はヨガ・バーンですが、ちょっと混み過ぎですからね。こんな穴場があるとは知りませんでした。参加したいです。

ウブドには夫婦で長期滞在します。静かな環境が好きなので、プラサン亭も以前から興味があるんですが、バイクに乗れないし、食事なんかが大変かな・・と二の足を踏んでしまいます。次回は検討させていただきます。いつになるかな・・。

マキコ先生

元気そうで何よりです。

紫色のヨガマット、買っちゃいました。
それだけ今回は毎週のヨガに力を入れて楽しみにしています。

あずちゃん、もう直ぐです。
また一緒にヨガしましょう!!

TOMOKO様

コメント有難うございます。そう、穴場、ですよね(^^)料金的にもかなりの穴場でございます。

確かにウブドの中心部よりは遠いです。トランスポートをご利用いただくか、もしくはこの近辺にも歩いて行けるレストランが何軒かございますよ!
在住者に人気のレストランも複数。
ぜひ遊びにいらして下さいませ。

Apelさん
もうすぐですね~~!楽しみにお待ちしております。
ヨガマット買いましたか!本気ですねっ!

では、今回は健やかに過ごす、をテーマに(^^)

はじめまして、バリ在住の者です。
何度かヨガバーンでMalikaさんのクラスを参加させていただき、Malikaさんの丁寧な指導に魅了されました。
現在もこちらで定期的にMalikaさんのヨガレッスンは行われているのでしょうか? 

Sachi様

> はじめまして、バリ在住の者です。
> 何度かヨガバーンでMalikaさんのクラスを参加させていただき、Malikaさんの丁寧な指導に魅了されました。
> 現在もこちらで定期的にMalikaさんのヨガレッスンは行われているのでしょうか? 

 コメント有難うございます(^^)
残念ながら、現在ヨガのレッスンは行っておりません。
会場で使っていた場所を工事中というのもありまして・・・
また場所が出来て、人数が集まったら、再開をお願いしたいなあ、と思っております(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP